フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« エルモライ最後の写真帖13 | トップページ | 教え子の今日のメール »

2011/08/24

昭和28(1953)年初冬~翌年正月 家族宛来信二通 山本幡男

[やぶちゃん注:昭和28(1953)年初冬から翌年正月にかけての来信二通。家族宛。ウラジオストク発俘虜郵便往復はがき。ハバロフスクソ連邦矯正労働収容所第二十一分所から。消息文中で自身の快復をしきりに記しているのは、勿論、家族に心配させないための方便で、幡男の病態は悪化の一途を辿っていた。モジミは大宮に転居、大宮聾学校に勤務して家計を支えていた。]

其ノ後皆サンノ無事ニ暮シテオリマスカ。私モ先ヅ先ヅ元氣デス。身體モ日一日ト良クナツテユキマス。御安心下サイ。オ母サンニモ喜ンデイタダケル日モ遠クナイデセウ。モジミノ健(ケナ)ゲナ努力モ報イラレル日ガ來ルデセウ。オ互ニ何ヨリモ健康第一ニ暮シマセウ。子供等ハ大事ナ成長期ニ父ガ居ナクテドレダケ淋シカツタコトカ、想像ニ餘リアル苦勞ヲシタコトト察シテヰマス。シカシ力強ク生キ拔イテユコウ。スベテヲ忘レテ、子供等ヨ、勉強シテ呉レ。必ズ幸福ナ日ガ訪レルコトヲ確信シテヰル。

   ◇

大宮市ノ方ヘ轉勤シタ由デスガ、實現シタカ、ドウカ、ソノ後ノ便リガ無イノデ松江アテニ此ノ葉書ヲ出スコトニシマシタ。イヅレ近日中ニソチラカラノ便リヲ受取ルコトト思ヒマス。
私ハ、健康モボツボツ快復シテユキマスカラ、御安心下サイ。イヨイヨ冬ニナツタガ、顯一君ハ一所懸命ニ勉強シテヰルコトヲ想像シマス。何トイツテモ大學ノ入學試驗ハ競爭ガ激シイカラ、特に語學ノ勉強ニ精ヲ入レテ、必勝ノ信念ヲ以テ受驗準備ヲスルヤウニ。
皆サン、大事ナ時機デスカラ一層健康ニ氣ヲツケテ、元氣ニ暮シテ下サイ。皆サンガ幸福ニナル日ヲ期待シテ、私ハ養生ニ務メテヰマス。デハ明ルイ希望ヲ以テ。サヨナラ。

   ◇

新年オ芽出度ウ。家族一同、元氣デ正月ヲ迎ヘタコトト思ヒマス。希望多イ年ノ始メニ、皆サンノ幸福ト健康ヲ祈リマス。病氣ヲシナイヤウニ、怪我ヲシナイヤウニ。特ニ、顯一君ガ東京大學ノ入学試驗ニ合格スルヤウニ。注意シテオキマス。試驗ノ時ニハ、ナルベク文字ヲ分リ易ク、キレイニ書クヤウニ。ソシテ受驗番号ノ記入ヲ忘レナイヤウニ。ヨク落着イテ、実力ヲ百パーセント出シテ下サイ。松江ノ高校デモ大イニ期待シテヰルトイフカラ、是非合格シテ下サイ。キツト大丈夫ダト思ツテヰル。厚生君ハマダ先ガアルカラ、何科ヘ行クカハ後デ決メマセウ。トニカク大宮ヘ轉任デキテ何ヨリデシタ。皆サン、ゴクラウ、ゴクラウ。私モ元氣ニナラフト一所懸命ニガンバツテヰマス。堀場君ニモヨロシク言ツテ下サイ。サヨナラ。

明日――8月25日――山本幡男忌

« エルモライ最後の写真帖13 | トップページ | 教え子の今日のメール »