フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 昭和29(1954)年5月14日附家族宛 最後の自筆葉書 山本幡男 | トップページ | 山本幡男の語った九條武子及び夏目漱石への共感  »

2011/08/27

教員免許状更新講習を終えての感慨

昨日、教員免許状更新講習を終了したが、総ての講座を通して僕が感じたことは唯一つ――現在の教育学はジャズの評論みたようなもんだ――という感慨であった。

僕が大学時分に受けた教育学の講座――今回の講習に比べれば遙かにつまらぬものだった印象はあるが――では、殆んど外来語を聞いた記憶がない。

ところが、今回の講座はカタカナの専門用語の嵐だった。アカウンタビリティだ、リテラシーだ、スキルだ、キャリアだ、ピースメソッドだ、レイマン・コントロールだ、PDCAサイクルだ、PDDだ、SNSだ――情報の講座の30代の若い講師の講義、これ本人が書いたら半分近くがひらがなカタカナで埋まるんじゃないかと思って、僕はブルったね。英語の苦手な僕は、その都度、英和辞典を引いて綴りと意味を確認したのだが、周りの連中は如何にも分かった顔してうなづいていた。――凄いね、今の教員は。僕はつくづく教員不適格者だという感を強くしたね――(半分、冗談、半分、本気)。

世が世なら講師は全員、国賊だね――(これはまず、冗談)

彼らは「法的拘束力」バキバキの高等学校学習指導要領の、「国語」の「第1款 目標」は何だか知ってるのか?

国語を適切に表現し的確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力を伸ばし心情を豊かにし,言語感覚を磨き,言語文化に対する関心を深め,国語を尊重してその向上を図る態度を育てる。

それを教える教育学の教授連が、カタカナばっかり使ってるようじゃ、高が知れるというもんじゃねえか。退職後は皆さん、ひらがなとカタカナで文章が書けちゃうジャズ評論家に転進出来ること、請け合いだ。――(これはモノホンの本気だ)

アスペルガーをアスペと言うのは言語道断だ(但し、僕がこれに不快を覚えるのは、恐らく、教授らのそれとは違う意味でだ。この短縮形に既に謂れなき差別の意識が潜んでいると僕は思うからだ)。しかし、それを言う前に、日本の「学習指導要領」を伝家の宝刀として振りかざす御用教育学者たちよ、まず、不勉強で不真面目な子供らにも、自己保身に汲々としている哀れな教師らにも、すんなり分かる「日本語」で講義をし給え! 以上!

« 昭和29(1954)年5月14日附家族宛 最後の自筆葉書 山本幡男 | トップページ | 山本幡男の語った九條武子及び夏目漱石への共感  »