フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« カテゴリ 土岐仲男 花月風流の道(序にかえて)/みどりの祭典 | トップページ | 雑草 土岐仲男 »

2011/09/09

老子 土岐仲男

老子

老子はそこにいた
老子はそこにない
青い煙が漂い
その中から金鉱が燦と輝く
カラカラと大笑して
老子は出て来た
そこには人類の玩具
スプートニックが飛んでいた
「今いるのはどこだと思う」
老子は私に問うた
「わかりません」
と私は素直に答えた
「木星の上さ」
老子は答えた
続いて劇しい目まいがして
やっと私は立直った
「今いるのはどこだと思う」
老子は私に問うた
「わかりません」
と私は素直に答えた
「N宇宙のN星の上だよ」
老子は答えた
「生命について述べて下さい」
私は耐まり兼ねて訊ねた
「私はお前の中に生きている」
老子は即座に答えた
そこで老子である私は叫んだ
「絶対に住み
 絶対を着
 絶対を食う時に
 虚無――
 なくてある世界
 人類はそこに行き着くのだ」

[やぶちゃん注:スプートニク1号は1957年10月4日に打ち上げられ、以降、人類初の人工衛星計画として動植物の生存帰還を果たしたスプートニク5号(1960年8月19日発射、翌日軟着陸回収)まで続いた。Спутник( Sputnik ・スプートニク)というロシア語の原義は「旅の道連れ」「つきもの・付随するもの」の謂いで、これより「衛星」そして「人工衛星」という意味を持つようになった。]

« カテゴリ 土岐仲男 花月風流の道(序にかえて)/みどりの祭典 | トップページ | 雑草 土岐仲男 »