フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« エルモライ最後の写真帖14 | トップページ | S―― 土岐仲男 »

2011/09/10

ゾウ(象) 土岐仲男

ゾウ(象)

やさしい眼をした
どこまでも続く肉の塊
鼻もゾウで
耳もゾウで
しっぽもゾウだ
ゾウでないゾウだけが
いと静かに宇宙に漂う
どれがゾウで
どれがゾウでないのか
全きゾウ
一部のゾウ
ふくれるゾウ
しぼむゾウ
硬いゾウ
やわらかいゾウ
ゾウでないものがなければ
ゾウであるものがない
ゾウは鼻を振って
尻尾を振って
木の幹の如き
四つ脚をふんまえて
歩いて行く
歩いて行く
ゾウでないゾウと
永遠の虚無へ――

[やぶちゃん注:この詩が村上昭夫の「動物詩集」に紛れ込んでたら、誰もが村上昭夫の詩だと思うのではあるまいか? 村上昭夫の「象」をここに掲げておく。

    象

 象が落日のようにたおれたという
 その便りをくれた人もいなくなった
 落日とありふれた陽が沈むことの
 天と地ほどのへだたりのような
 深い思いをのこして

 それから私は何処でもひとり
 ひとりのうすれ日の森林をのぼり
 ひとりのひもじい荒野をさまよい
 ひとりの夕闇の砂浜を歩き
 ひとりの血の汗の夜をねむり
 ひとりで恐ろしい死の世界へ入ってゆくよりほかはない

 前足から永遠に向うようにたおれたという
 巨大な落日の象をもとめて

酒詰先生は恐らく法(カルマ)を象徴する普賢菩薩の乗る象から、禪の空(くう)のシンボルとして象を形象として選んだように私には思われるが、村上氏の「前足から永遠に向うようにたおれたという/巨大な落日の象をもとめて」という最終行は、先生の「ゾウでないゾウと/永遠の虚無へ――」と恐ろしいまでに響き合っている。では――酒詰先生が村上昭夫の「動物哀歌」を読んでいた可能性は?――これは、あり得ないのだ。「動物哀歌」の出版は先生の死から二年後の昭和四十二(一九六七)年だからである。――でも、もし酒詰先生が「動物哀歌」を読んだら、きっと誰よりも感動されたに違いない。――いや、村上昭夫が先生のこの死を読んでいたら(それはあり得ない)、きっと彼の「象」も少し変わっていたかも知れないな……]

« エルモライ最後の写真帖14 | トップページ | S―― 土岐仲男 »