フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 一枚の絵 | トップページ | 鈴木しづ子 三十二歳 「樹海」昭和26(1951)年8月号の発表句18句 »

2011/10/27

鈴木しづ子 三十二歳 「樹海」昭和26(1951)年7月号の発表句21句から 7句

標題「夏みかん」総句数21。異例の多さである。――かの名唱の二句が初出する。『指環』所収句は14句。

まみゆべし梅雨朝燒けの飛行場
頒ち持つかたみの品や靑嵐

俳句の病いである。
この句を戦中の句だと言えば、人々は誰もが涙し、英霊を思う――正しい制作年を示して「戦中」だと言えば、しづ子とその上の同時代人は一瞬にして顔を曇らし、胡散臭い視線を送る――作者は鈴木しづ子という、と発すれば、しづ子の名を何処かで聞いたことのある者は、したり顔に妙な笑いをして肯んずる――
俳句の病いである。
この冒頭二句は『指環』に所収する。

夏みかん酸つぱしいまさら純潔など

いまさら句評など無効しづ子の純潔――
言うまでもなく『指環』所収。

燈の薔薇はもつとはなやげ斯かるとき

「燈の薔薇」が今一つこなれない――次の句を並べれば、それは元来が詩語でなく、安っぽい即物でもあるかもしれない、しかし、それは問題ではない――これも俳句の病である――しかし、だから、いい。
『指環』所収。

燈の笠に寒のあまおとつたふなり

凡庸とも言われようが悪くない。しかし、前句と並べば、前句の印象を完全な写生句に引き下げる。だから『指環』に採らなかったか。

コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ

先日、僕はこの名句をインスパイアさせてもらって、
花幻(はなまぼろし)秋櫻(コスモス)混沌(カオス)母逝けり
と、やらかした。
『指環』所収。

倖うすき頤持つや蘭寒み

ゴッホの「病める子」だ――
『指環』所収。

« 一枚の絵 | トップページ | 鈴木しづ子 三十二歳 「樹海」昭和26(1951)年8月号の発表句18句 »