フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 新編鎌倉志卷之七 テクスト化開始 | トップページ | 鈴木しづ子 三十二歳 昭和二十七(一九五二)年四月十五日附句稿二百十七句より(2) 手の裡の夜店戻りの鏡かな »

2011/12/13

鈴木しづ子 三十二歳 昭和二十七(一九五二)年四月十五日附句稿二百十七句より(1) 於神田神保町西神田倶楽部 鈴木しづ子第二句集『指環』出版記念会 感懐句群 二十九句

 帶京の夜の花とはなりにけり

 氣疲れや飯をくるめしとろろ汁

 湯の音も絶えてしまひぬ旅の膳

 旅の夜や海苔がくるみし熱き飯

 品川の宿の夜櫻海苔の膳

 靑海苔や泊り短く發ちにけり

 花の穹感激もなく雲流れ

 紅茶冷えよくしやべる男だな

 それと見し性の異ひや夜の紅茶

 よはひ覆ふすべもなかりし夫人かな

 眼鏡してオレンジジュースひややかに

 ソーダ水眼鏡の奥に性をよむ

 醫學者や眼鏡ひかりて夜の紅茶

 花一日人らつどひてくだらなく

 東京に靑穹を見し花ちかく

 眼鏡せし夫人のこころ解せぬなり

 眼鏡して蔑すみゐるにちがひなし

 恃むなし離京の汽車に目つむれば

 東京の花のひらきや愛着はなし

 花いまだおもしろからぬ離京かな

 ともかくも義理を果たせし櫻かな

   *

 ソーダ水上目づかひに見られつつ

   *

 ソーダ水眼鏡透りし伏目の眸

 眼鏡して夫人はちらよ見たりけり

   *

 帶京や神田籠りの花の穹

 花の街目的もなく鞄提げ

 東京は汗ばむほどの櫻かな

   *

 眼鏡せし夫人をうとみつづけたり

 眼鏡せし夫人の方は眸をやらず

 昭和二十七(一九五二)年三月三十日に神田神保町西神田倶楽部にて催された鈴木しづ子第二句集『指環』出版記念会に出席したしづ子の感懐句と思われる句をほぼ総て拾った。「*」を挟んだ後ろの七句は、それぞれ少し後の方に思い出したように登場するものであるが(「*」は断続点に打った)、最初の二十一句は句稿の冒頭から総て連続する。――これらはその時の、さめた――「冷めた」であり「覚めた」であり「醒めた」であり「褪めた」である――しづ子の総てだったのだ――

« 新編鎌倉志卷之七 テクスト化開始 | トップページ | 鈴木しづ子 三十二歳 昭和二十七(一九五二)年四月十五日附句稿二百十七句より(2) 手の裡の夜店戻りの鏡かな »