フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 鈴木しづ子 三十三歳 昭和二十七(一九五二)年六月十五日附句稿五百四十六句より(4) 北海道追懐句群十七句 | トップページ | 鈴木しづ子 三十三歳 昭和二十七(一九五二)年六月十五日附句稿五百四十六句より(6) 八句 »

2011/12/17

鈴木しづ子 三十三歳 昭和二十七(一九五二)年六月十五日附句稿五百四十六句より(5) 二十八句

 大輪の朝顏ゑがく種袋

 好きだね。俳諧本来の諧謔とアイロニーが写生に生きているではないか。

   *

 父の如まさに落日在りにけり

 詠んだ者勝ち。いいじゃないか。

   *

 惜春や壁にかたむくマリアの像

 悪くない。初五が嵌まり過ぎて少し観念に堕ちるか。

   *

 尾張路や自轉車に積む荷の芒

 いいね! 子規も褒めそうな。

   *

 煤煙のながれゆく方冬鷗

 底本「ふがれゆく」。訂した。長回しのゆっくりとパンするカメラがいい。

   *

 またしてもぽつかり割れて夜の胡桃

 三鬼の「夜の桃」を意識しながらも、女らしくインスパイアしたクロッキー風の佳品。

   *

 胡桃燒くわれに一つの宿命あり

 ファム・ファータル――その名はしづ子――

   *

 秋白く追ひつめられてゆく思かな

 声に出して詠むとこの句の美しさが、分かる。

   *

 雲下りて十藥白し美濃の果て

 「十藥」は「どくだみ」。霧のような雲と一緒にゆっくりとティルト・ダウンして、ドクダミをアップ――急速にバックして広角で美濃の全景をアオリで撮る。

   *

 たんぽぽや■美と知多が圍ふ海

 この底本の「■美」は「渥美」でしょう。

   *

 死してありよべはなやぎし螢どち

 詩語の選びと表記が絶妙である。特に下五の「どち」が上手い。

   *

 酒を嘔く泪ぎらつく月の前

 雲間の月土曜日曜いとま得ず

 あてどふく働きつづく月の西に

 疲れし體西方よりの月に佇つ

 この日頃なりはひたたず梅雨めく雲

 月朱し醉ふほどに酒飲まされて

 「嘔」は底本では「※」=「口」+(「偪」-「亻」-「田」+《「田」の位置に》「匹」)であるが、「嘔」と判断した。珍しくポーズのない、しづ子の生活に疲れた句群である。この後にも仕事で飲んで嘔吐する句が続く。

   *

 蠅の屍に蠅が寄りきて離れざる

 いいね――慄然とするエッチングだ――

  *

 不思議にも荒れざる膚や夏の貌

 夏ちかづく素顏の膚や小麦いろ

 堕ちきれず寒月は地にびつしりと

 しづ子はやっぱり小麦色のぴんとした健康な女である。しづ子は堕ちない。

   *

 石を蹴るときは悲哀のこころあり

 『あるひは(つまづく石でもあれば私はそこでころびたい)』(尾形亀之助「障子のある家」巻頭)

   *

 とほからず行く上海や夏の海

 夢の銀河鉄道『「しづ子」伝説号』は大陸行の片道船便も用意されています――どうぞ、ご自由に――上海バンスキングと参りましょうか――

   *

 腋毛濃しさんさんと湧く雲間の陽

 私はこの句が好きで好きでたまらない――

   *

 氷■中突きて散らさむ五體かな

 鴉群る■漠に置けりおのが屍を

 この二つの句、判読不能字の存在故にこそ魅力的である。

   *

 人買ひに買はるるもよし夕鴉

 しづ子のしづ子による「しづ子」伝説は「オルレアンの噂」の域にまで達していたのですね――

   *

 うべなふや薔薇くれなゐの花ことば

 底本「うべふふ」。訂した。句鑑賞に花言葉を添えるのを、自分ながら胡散臭く思う部分が私にはあるが、それでもこれは添えずにはおくまい。赤い薔薇は「愛情」「情熱」「熱烈な恋」、中でも濃い赤の薔薇は実は「内気な恥じらい」である。しづ子がうべなうのはこっちだと私は思う。

« 鈴木しづ子 三十三歳 昭和二十七(一九五二)年六月十五日附句稿五百四十六句より(4) 北海道追懐句群十七句 | トップページ | 鈴木しづ子 三十三歳 昭和二十七(一九五二)年六月十五日附句稿五百四十六句より(6) 八句 »