フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第二部 (9) | トップページ | 病理博物学的現実 »

2012/03/11

ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第二部 (10)

 私はまた北島に來て、特殊な感じを以つて瀨戸越しに斷崖の方を眺めてゐる。南の方に見えるあの小屋の中で、大昔の詩や傳説にある不思議な生活をしてゐる人たちが澤山住んでゐようとはどうしても思へない。その人たちと較べて、此の島の繁榮から起る墮落は甚だ慨かはしいことである。あちらの人たちの鳥や花も共に持つ魅力は、こちらでは儲けに熱中してゐる人の心配に代つてゐる。顏は同じやうでも、目や顏付が違ふ。此處では子供でさへイニシマーンの人にない現代的の特徴を何となく持つてゐるやうに見える。
 私の中の島からの航海はひどかつた。朝非常に荒れてゐたので、普通の事情ならば渡る計畫はしなかつたのであるが、教區僧――イニシマーンに駐在してゐる――の處へ來たカラハで渡る準備がしてあつたので、後へ退きたくなかつた。
 その朝外へ出て、いつものやうに斷崖の上に登つた。出逢つた數人の男は、私が出かけようとしてゐることを云ふと、首を振つて瀨戸は汐のためにカラハが渡れるかどうかを怪しんだ。
 宿の方へ戻つて行く時、南の島から今丁度渡つて來た副牧師を見かけたが、嘗つて經驗した事のない惡い航海をしたのであつた。  「
 汐は二時には變る筈であつた。その後は風や波は同じ方向からやつて來るので、海もいくらか靜まるだらうと思はれた。午前中、私たちは茶の間に腰掛けてゐた。人人は絶えずほひつて來て、船は出したものかどうか、海の何處が最も荒れてゐるかと彼等の意見を云ひに來た。
 遂に出かけることに決め、石垣に吠える風交りに雨の降りしきる中を、私は波止場に向つて出發した。一緒に行く筈であつた學校の先生と僧侶は、私が村を通つて行くと、出て來て渡らない方がよいと忠告してくれた。併し船頭たちは海の方へ進んで行くし、私はその後を追つた方がよいと考へた。家の一番上の息子も一緒に來てゐる。わかりきつた危險があるなら、私よりも汐の事はよく知つてゐる爺さんが、息子をよこす事はないだらうと考へた。
 船頭たちは、村の下の高い石垣の下で私を待つてゐた。私たちは共共に進んで行つた。島がこんなに荒れはてて見えた事は未だかつてなかつた。降りしきる雨を通して、黑ずんだ岩越しに波の荒狂つてゐる灣の方を眺めると、云ひ知れぬ心細さが私を襲つて來た。
 爺さんは恐怖の利益に就いて彼の意見を私に與へてくれた。
 「海を怖がらない男は直ぐ溺れるだらう。」彼は云つた。「何故つて、出か【け】てはならない日に出かけて行くからね。だが、こちとらは海を怖がるんだ。だから、こちとらは、たまに溺れるばかりさ。」
 近所の人たちの小人數の群が、私を見送りに下の方に集つてゐた。砂丘を越える時、風よりも高く聲を出さうと、互ひに叫び合はなければならなかつた。
 船頭たちはカラハを運び下ろして來て、波止場の風下に立ち、紐のある帽子を被つたり、合羽を着たりした。
 彼等が櫂の緊紐、櫂栓[櫂を船緣に固定せしめる釘]その他カラハの中の色色な物を檢査する事は、これまでに見た事もないほど丁寧であつた。それから私の鞄が吊り入れられ、支度が出來た。船頭四人のほかに此の島へ渡りたいといふ一人の男が、私たちと共に行かうとしてゐた。彼が船首に這ひ上らうとすると、一人の老人が群の中から進み出た。
 「その男を連れて行くな。」彼は云つた。「先週、クレアに連れて行つたが、皆んなすんでの所で溺れる所だつた。此の間はイニシールに行つたが、カラハのあばら三枚を壞して戻つて來た。此の三つの島にとつてこんな不吉な男はありやしない。」
 「畜生! 何云つてやがるんだい。」とその男は答へた。
 私たちは出發した。カラハは四人漕で、船尾はその男に殘すやうに、私には最後の席があてがはれた。その男は船尾の船緣にある特別の櫂栓で、他の櫂と直角に動く櫂で舵を取つた。
 百ヤードぐらゐ行つた頃、船首に帆を一枚擧げた。それで速さが著しく加はつた。
 驟雨は過ぎ、風は鎭まつたが、大きな素晴らしくキラキラする波が私たちの方向の眞横に落ちかかつてゐた。
 舵取りが急に櫂を引いて船を廻はす度に、船首は高く上つて、それから次の谷へザンブとばかり飛沫を上げながら、落ち込んで行つた。此のやうであつたから、船尾も代る代る投げ上げられ、櫂を放して兩手で船緣にしがみ付いてゐる舵取と私は共に海の上高く上げられた。
 波が去つて、もとの方向にかへり、遮二無二數ヤードを漕ぐと、また同じやうな動作を繰り返へさなければならなかつた。やつとのことで瀨戸へ出て行くと、違つた種類の波に逢ひ初めた。それは或る距離の間に他の波よりぬきん出て高く見えた。
 その波の一つが見え出すと、最初の努力はその範圍内から一生懸命に出ることであつた。舵取りはゲール語で「シゥーアル、シゥーアル」(走れ走れ)と呼び出した。時時、その群が恐ろしい速さでこちらへ押寄せて來ると、その聲は金切り聲となつた。すると漕手までそれに合はせて叫んだ。そして波が後の方へ過ぎて行くか、船緣にどつと碎けるまで、カラハは暴れ狂ふ獸が跳んだり震へたりするやうであつた。
 此の波と競走してゐる時こそ主な危險のある時であつた。波を避けられたら、さうする方がよいのであるが、若し逃げようとしてゐる間に追ひつかれて舟の横腹にぶつけられたら、沈沒は必然であつた。舵取りは此の役目に張切つて震へてゐるのがよくわかつた。何故なら、若し彼の判斷に誤りがあつたら、私たちは顚覆したであらうから。
 私たちは一度、危機一髮を逃れた。一つの波は他の波より遙かに高いやうに見えた。例の如く激しい努力の一瞬時があつた。それも無駄であつた。忽ち波はこちらへ襲ひかかつて來るやうに見えた。舵取りは憤然と叫び聲を上げながら、それを迎へようと櫂で舳先を向けるのに一生懸命であつた。波が周りに碎け、迸り流れた時、彼は殆んど成功した。私は恰かも結んだ繩で背中を打たれたかのやうに感じた。白い泡は私の膝や目の邊りに沸(たぎ)り流れた。カラハは暫く搖れたり震へたりして高く上り、それから無事に谷の中へ落ちて行つた。
 カラハが間にはさまれ、もとの狀態に戻るひまがない程にいくつかの波が一緒に密集してやつて來た時、何度も危險な作業をやつたけれども、その時が最も危い時であつた。騎手や泳ぎ手の命が時にはその兩手にあるやうに、私たちの命もその男たちの手腕と勇氣に任せてあつた。そしてこの爭鬪の興奮は餘り激しかつたので、怖いと思ふひまもなかつた。
 私は渡船の樂しみを味つた。男たちの動作で傾いたり震へたりする此の淺い布の槽(ふね)の中に深く乘つて、汽船の中で知つたよりも遙かに親しく波の壯觀と威力に感心した。

I am in the north island again, looking out with a singular sensation to the cliffs across the sound. It is hard to believe that those hovels I can just see in the south are filled with people whose lives have the strange quality that is found in the oldest poetry and legend. Compared with them the falling off that has come with the increased prosperity of this island is full of discouragement. The charm which the people over there share with the birds and flowers has been replaced here by the anxiety of men who are eager for gain. The eyes and expression are different, though the faces are the same, and even the children here seem to have an indefinable modern quality that is absent from the men of Inishmaan.
My voyage from the middle island was wild. The morning was so stormy, that in ordinary circumstances I would not have attempted the passage, but as I had arranged to travel with a curagh that was coming over for the Parish Priest--who is to hold stations on Inishmaan--I did not like to draw back.
I went out in the morning and walked up the cliffs as usual. Several men I fell in with shook their heads when I told them I was going away, and said they doubted if a curagh could cross the sound with the sea that was in it.
When I went back to the cottage I found the Curate had just come across from the south island, and had had a worse passage than any he had yet experienced.
The tide was to turn at two o'clock, and after that it was thought the sea would be calmer, as the wind and the waves would be running from the same point. We sat about in the kitchen all the morning, with men coming in every few minutes to give their opinion whether the passage should be attempted, and at what points the sea was likely to be at its worst.
At last it was decided we should go, and I started for the pier in a wild shower of rain with the wind howling in the walls. The schoolmaster and a priest who was to have gone with me came out as I was passing through the village and advised me not to make the passage; but my crew had gone on towards the sea, and I thought it better to go after them. The eldest son of the family was coming with me, and I considered that the old man, who knew the waves better than I did, would not send out his son if there was more than reasonable danger.
I found my crew waiting for me under a high wall below the village, and we went on together. The island had never seemed so desolate. Looking out over the black limestone through the driving rain to the gulf of struggling waves, an indescribable feeling of dejection came over me.
The old man gave me his view of the use of fear.
'A man who is not afraid of the sea will soon be drowned,' he said, 'for he will be going out on a day he shouldn't. But we do be afraid of the sea, and we do only be drownded now and again.'
A little crowd of neighbours had collected lower down to see me off, and as we crossed the sandhills we had to shout to each other to be heard above the wind.
The crew carried down the curagh and then stood under the lee of the pier tying on their hats with strings and drawing on their oilskins.
They tested the braces of the oars, and the oarpins, and everything in the curagh with a care I had not seen them give to anything, then my bag was lifted in, and we were ready. Besides the four men of the crew a man was going with us who wanted a passage to this island. As he was scrambling into the bow, an old man stood forward from the crowd.
'Don't take that man with you,' he said. 'Last week they were taking him to Clare and the whole lot of them were near drownded. Another day he went to Inisheer and they broke three ribs of the curagh, and they coming back. There is not the like of him for ill-luck in the three islands.'
'The divil choke your old gob,' said the man, 'you will be talking.'
We set off. It was a four-oared curagh, and I was given the last seat so as to leave the stern for the man who was steering with an oar, worked at right angles to the others by an extra thole-pin in the stern gunnel.
When we had gone about a hundred yards they ran up a bit of a sail in the bow and the pace became extraordinarily rapid.
The shower had passed over and the wind had fallen, but large, magnificently brilliant waves were rolling down on us at right angles to our course.
Every instant the steersman whirled us round with a sudden stroke of his oar, the prow reared up and then fell into the next furrow with a crash, throwing up masses of spray. As it did so, the stern in its turn was thrown up, and both the steersman, who let go his oar and clung with both hands to the gunnel, and myself, were lifted high up above the sea.
The wave passed, we regained our course and rowed violently for a few yards, then the same manoeuvre had to be repeated. As we worked out into the sound we began to meet another class of waves, that could be seen for some distance towering above the rest.
When one of these came in sight, the first effort was to get beyond its reach. The steersman began crying out in Gaelic, 'Siubhal, siubhal' ('Run, run'), and sometimes, when the mass was gliding towards us with horrible speed, his voice rose to a shriek. Then the rowers themselves took up the cry, and the curagh seemed to leap and quiver with the frantic terror of a beast till the wave passed behind it or fell with a crash beside the stern.
It was in this racing with the waves that our chief danger lay. If the wave could be avoided, it was better to do so, but if it overtook us while we were trying to escape, and caught us on the broadside, our destruction was certain. I could see the steersman quivering with the excitement of his task, for any error in his judgment would have swamped us.
We had one narrow escape. A wave appeared high above the rest, and there was the usual moment of intense exertion. It was of no use, and in an instant the wave seemed to be hurling itself upon us. With a yell of rage the steersman struggled with his oar to bring our prow to meet it. He had almost succeeded, when there was a crash and rush of water round us. I felt as if I had been struck upon the back with knotted ropes. White foam gurgled round my knees and eyes. The curagh reared up, swaying and trembling for a moment, and then fell safely into the furrow.
This was our worst moment, though more than once, when several waves came so closely together that we had no time to regain control of the canoe between them, we had some dangerous work. Our lives depended upon the skill and courage of the men, as the life of the rider or swimmer is often in his own hands, and the excitement was too great to allow time for fear.
I enjoyed the passage. Down in this shallow trough of canvas that bent and trembled with the motion of the men, I had a far more intimate feeling of the glory and power of the waves than I have ever known in a steamer.

[やぶちゃん注:「南の方に見えるあの小屋の中で、大昔の詩や傳説にある不思議な生活をしてゐる人たちが澤山住んでゐようとはどうしても思へない。」原文は“It is hard to believe that those hovels I can just see in the south are filled with people whose lives have the strange quality that is found in the oldest poetry and legend.”で、「どうしても思へない」が意味をとり難くしている。ここは、既にアランモア島に渡ったシングが対岸のイニシマーン島の景色を眺めていると、『今、「南の方に見えるあの小屋の中」に、「大昔の詩や傳説にある」ような「不思議な生活をしてゐる人たちが」現に「澤山住んでゐ」るという事実は、私には信じ難いことに思えた』という意味である。
「あちらの人たちの鳥や花も共に持つ魅力」原文“The charm which the people over there share with the birds and flowers”。やはりやや生硬である。「あちらのイニシマーン島の人々が、(アニミスティックに)鳥や花とともに世界を共有していることの魅力」のことである。
「教區僧」“the Parish Priest”は教区を統括する司祭。
「後へ退きたくなかつた」分かり難い。“-I did not like to draw back”であるから、相乗りさせてもらう約束を既にしており、カラハの出航準備もなされている以上、礼儀として断って「先延ばしはしたくなかった」という意味で、そこにはもしかすると続く文を読んでいると、「今更、尻込みしたくはなかった」、「尻込みしたとは思われたくなかった」というシングの内心のやや意固地なニュアンスも含むのかも知れない。
「副牧師」“the Curate”は助任司祭。先の“the Parish Priest”の助手か。
「櫂の緊紐、櫂栓」原文“the braces of the oars, and the oarpins”。「緊紐」は「キンチュウ」と海事用語っぽく音読しているか、若しくは「しばりひも」と訓じているかは不明。“brace”は海事用語で「ブレース」「転桁索(てんこうさく)・操桁索(そうこうさく)」等と言う、本来は帆桁(ほげた)の端に取り付けられたロープで帆の向きを変えるのに用いられるものを言うが、ここでは“of the oars”とあるから、櫂(オール)を流されないように保守するために次の「櫂栓」に結び付けるロープを言っているものと思われる。このロープは古くは革紐(“tropos”とか“tropoter”)と呼ばれたようである。「櫂栓」は「カイセン」と読む。“oarpin”は“oar pin”の合成語か。舟ばたの穴に挿した櫓臍・櫂座、則ち、オールを支えるための支柱、船縁のU字形のオール受けの切れ込みのようなものを指して言う。通常は“tholepin”、単に“thole”(スォウル)と言う。
『「畜生! 何云つてやがるんだい。」とその男は答へた。』は原文では“'The divil choke your old gob,' said the man, 'you will be talking.'”で、これは売り言葉に買い言葉の応酬で、『「悪魔がてめえの腐りかけたその口を永遠に塞いじまうぜ!」、その男は言った、「これ以上、てめえがその好き勝手な喋くりを続けるんなら、な。」』といった感じか。時に、この不吉な男は結局、どうしたのだろう。私は迷信深い漁師なら、この荒れ模様でもあり、この男の乗船を拒否した気がするのだ。実際、この後のシークエンスでは彼は描かれていない。姉崎氏は次の部分で「私たちは出發した。カラハは四人漕で、船尾はその男に殘すやうに、私には最後の席があてがはれた。その男は船尾の船緣にある特別の櫂栓で、他の櫂と直角に動く櫂で舵を取つた。」と、「その男」というのがあたかもこの「不吉な男」であるかのように訳されている(私にはそうとしか読めない)が、これはおかしい。この部分はこのカラハは四人漕ぎで、漕ぎ手(「船頭」)が四人いたことは前に書いてあるからである(因みに男がもしカラハに乗船していた場合は漕ぎ手四人+シング+不吉な男で計六名になる)。従って、この部分の意味は、『その「カラハは四人漕で」あったが(イェイツの挿絵を参照されたい)、普通なら四人が総て、カラハの中に横に渡した四箇所の座席に座って漕ぐのであるが、今回は四人目の漕ぎ手が船尾の座席には座らずに、私にその「最後の席があてがはれた。」但し、私は漕ぐわけではない。「その」四人目の「男は船尾の船緣にある特別の櫂栓で、他の櫂と」異なり、「直角に動く櫂で舵を取」る役をそこ(船尾)で受け持った。』という意味であろう。もし「不吉な男」が乗船していたとすれば、最初に彼がした通り、「船首」に蹲っていたとしか考えられないのである。しかし、であればシングは、この後にやって来る恐ろしいまでのピッチングのシーンで、自分や舵取りと同じように対になったリズムで『海の上高く上られ』る、この「不吉な男」を描写しないはずがない、と私は思うのである。彼はやはり乗っていないのではなかろうか? 如何?
「迸り」は「ほとばしり」と読む。]

A_fouroared_curagh

« ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第二部 (9) | トップページ | 病理博物学的現実 »