フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 母 一周忌 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著 姉崎正見訳 アラン島 第二部 ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注 »

2012/03/19

ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第二部 (12) 第二部 完

 私はアランを立つた。汽船は普通以上に重く荷を積んでゐたので、キルロナンを出帆したのは四時過であつた。

 私は、一瞬時言ひ難い苦痛を以つて、再び三つの低い岩島が海の中へ沒するのを見た。晴れた夕方であつたので、灣に出ると、太陽は極光のやうにイニシマーンの斷崖の鋒に懸かつてゐた。

 少したつと燦爛たる光は空に行き亙り、海やコニマラの山山の靑さを描き出した。

 全く暗くなつてしまふと、寒さは激しくなつて來た。海の上をただ一艘だけ道を進んで行く淋しい船の上を私は歩き廻つた。乘客は私だけで、一人の舵取りの少年のほか、全部の船員は暖い機關室の中で押し合つてゐた。

 三時間たつても、誰も動かなかつた。般はのろいし、舷側の寒い海の物悲しい音は全く堪へられなかつた。やがてゴルウェーの燈火が見え出した。そして船が徐ろに波止場に近づくにつれて、船員たちの姿が現はれた。

 さて岸に上つてみると、私の荷物を汽車まで運んでくれる人を見つけるのに困つた。暗闇の中にやつと一人の男を見つけて、荷物を背負はせると、その男は醉拂ひであつた。私の財産もろ共に波止場の外へ轉がらないやうに氣をつけるのに苦勞した。彼は町へ出る近道に連れて行くと云つたが、壞れた建物のがらくたや船の殘骸の眞只中に來た時、彼は荷物を地面に投げ出して、その上に坐つた。

 「旦那、こいつあ、ばかに重いなあ。」彼は云つた。「此の中には金がはひつてるんだらう。」

 「金は一文もはひつてないよ。本だけだ。」私はゲール語で答へた。

 「べダッド・イス・モール・アン・スルーアェ(ちえツ、そいつあ惜しかつた)。」彼は云つた。「金がはひつてたら、今夜、一緒にゴルウェーで馬鹿騷ぎして遊べるのだがなあ。」

 半時間もかかつて、もう一度荷物を背負はせ、やつと町の方へ歩き出した。

 曉遲くなつて、マイケルを訪ねるために、波止揚の方へ下りて行つた。彼の宿を取つてゐる狹い横丁に入ると、誰かが陰になつて私の後をつけて來るやうである。立ち止まつて彼の家の番號を探さうとしてゐると、私の直ぐ傍で、イニシマーン語の「フォルティエ」(いらつしやい)と云ふのを聞いた。

 それはマイケルであつた。

 「往來であなたを見かけましたが、」彼は云つた。「人中で話しかけるのが恥かしかつたので、後をつけて來たのです。私を覺えていらつしやるかどうかみようと。」

 私たちは一緒に引返して、彼が宿へ歸らなければならない時まで町を散歩した。彼は昔の純朴さや機敏さで、相變らずであつた。併し此處の仕事が合はないので、滿足してゐない。

 今夜は、ダブリンのパーネル記念祭[Ponell,Charles Stewart184691)愛蘭土の自治運動の爲活動した政治家。十月六日は丁度その命日で、記念祭が行はれる。]の宵祭で、町は眞夜中に出發する汽車を待つてゐる旅客で混み合つてゐた。マイケルと別れると、私はホテルに暫く時を費し、それから鐡道の方へぶらぶら歩いて行つた。

 歩廊(プラットホーム)では、物凄い群集があらゆる熱狂振りを見せて、汽車の周りに波うつてゐた。此の時ほど、コンノートの半野生的な素質をよく見た機會はなかつた。此の有象無象の群集の熱狂は、私がローマやパリーの大暴民の中で感じたものより激しかつたやうに思へた。

 歩廊に、島から來た幾人かの人がゐた。私はその人たちと三等車に乘り込んだ。一行の中の一人の女は姪を連れてゐたが、その人はコンノートから來た若い娘で、私の傍に腰掛けた。車の向う側に、愛蘭土語で話してゐた幾人かの老人連がをり、また水夫であつた一人の若い男がゐた。

 列車が動き出すと、歩廊に物凄い歡呼の聲や叫び聲が擧り、汽車の中でさへ、男女の金切り聲を上げる者、歌を唱ふ者、仕切り壁を杖で叩く者で騷ぎは激しい。いくつかの驛で、酒場へ驅け込む突貫があつたり、行くにつれて騷ぎは愈々大きくなつた。

 バリンスローでは數人の兵士が歩廊にゐて席を探してゐた。此の中の一人と私たちの仕切りにゐた水夫が口論を初め、扉がぱツと開いた瞬間に、仕切りの中はよろめく軍服や杖で一杯になつた。一寸の間騷いだ後、仲なほりが出來、兵士たちは出て行つた。兵士たちが出て行くと、連れの女たちの一團が、非常な怒りに惡口を吐きながら、露はな頭や腕を戸口へさし入れた。

 少したつて、汽車が動き出すと、その女たちは狂氣のやうな泣き聲を擧げた。私は外をのぞいた。カンテラの燈に、むき出しの腕を振り上げ喚き叫んでゐる嘗つて見た事もないやうな物凄い顏や人影をちらつと見た。

 夜が更けると、次の車で、女たちは大聲を上げ出した。停車場に汽車が止まつた時、卑猥な歌の言葉が聞こえた。

 私たちの仕切りの中では水夫が皆を寢かせようとしない。夜中ぢゆう、滑稽味のある事、或ひは卑しげな事をしやべつたが、荒つぽい氣性をかくしながら、常に非常な雄辯であつた。

 黑い上衣を着てゐた隅の老人たちは何か家傳の古物らしい物を持つてゐて、夜中ぢゆうひそひそとゲール語で話してゐた。私の傍の娘は、少したつとはにかみを捨てて、ダブリンに近づくにつれて夜明けの中に見え初めて來た田舍の地形を私にあれこれと指ささせた。彼女は木の影や、――木はコンノートには少いのである――曉の光を映し初めた堀割を喜んだ。私が何か新らしい影を教へてやる度毎に、彼女はあどけない喜びで叫んだ。――

 「ああ、綺麗だこと。だけど見えないわ。」

 此の私の傍の有樣は、背後で仕切り壁を搖がす亂暴さと奇妙な對照であつた。西部愛蘭土の全精神は、その妙な氣荒さや愼み深さと共に、此の一つの汽車に乘つて、東部の今は亡き政治家に最後の敬意を捧げるために、動いてゐるやうに思へた。

 

 

I have left Aran. The steamer had a more than usually heavy cargo, and it was after four o'clock when we sailed from Kilronan.

Again I saw the three low rocks sink down into the sea with a moment of inconceivable distress. It was a clear evening, and as we came out into the bay the sun stood like an aureole behind the cliffs of Inishmaan. A little later a brilliant glow came over the sky, throwing out the blue of the sea and of the hills of Connemara.

When it was quite dark, the cold became intense, and I wandered about the lonely vessel that seemed to be making her own way across the sea. I was the only passenger, and all the crew, except one boy who was steering, were huddled together in the warmth of the engine-room.

Three hours passed, and no one stirred. The slowness of the vessel and the lamentation of the cold sea about her sides became almost unendurable. Then the lights of Galway came in sight, and the crew appeared as we beat up slowly to the quay.

Once on shore I had some difficulty in finding any one to carry my baggage to the railway. When I found a man in the darkness and got my bag on his shoulders, he turned out to be drunk, and I had trouble to keep him from rolling from the wharf with all my possessions. He professed to be taking me by a short cut into the town, but when we were in the middle of a waste of broken buildings and skeletons of ships he threw my bag on the ground and sat down on it.

'It's real heavy she is, your honour,' he said; 'I'm thinking it's gold there will be in it.'

'Divil a hap'worth is there in it at all but books,' I answered him in Gaelic.

'Bedad, is mor an truaghé' ('It's a big pity'), he said; 'if it was gold was in it it's the thundering spree we'd have together this night in Galway.'

In about half an hour I got my luggage once more on his back, and we made our way into the city.

Later in the evening I went down towards the quay to look for Michael. As I turned into the narrow street where he lodges, some one seemed to be following me in the shadow, and when I stopped to find the number of his house I heard the 'Failte' (Welcome) of Inishmaan pronounced close to me.

It was Michael.

'I saw you in the street,' he said, 'but I was ashamed to speak to you in the middle of the people, so I followed you the way I'd see if you'd remember me.'

We turned back together and walked about the town till he had to go to his lodgings. He was still just the same, with all his old simplicity and shrewdness; but the work he has here does not agree with him, and he is not contented.

It was the eve of the Parnell celebration in Dublin, and the town was full of excursionists waiting for a train which was to start at midnight. When Michael left me I spent some time in an hotel, and then wandered down to the railway.

A wild crowd was on the platform, surging round the train in every stage of intoxication. It gave me a better instance than I had yet seen of the half-savage temperament of Connaught. The tension of human excitement seemed greater in this insignificant crowd than anything I have felt among enormous mobs in Rome or Paris.

There were a few people from the islands on the platform, and I got in along with them to a third-class carriage. One of the women of the party had her niece with her, a young girl from Connaught who was put beside me; at the other end of the carriage there were some old men who were talking Irish, and a young man who had been a sailor.

When the train started there were wild cheers and cries on the platform, and in the train itself the noise was intense; men and women shrieking and singing and beating their sticks on the partitions. At several stations there was a rush to the bar, so the excitement increased as we proceeded.

At Ballinasloe there were some soldiers on the platform looking for places. The sailor in our compartment had a dispute with one of them, and in an instant the door was flung open and the compartment was filled with reeling uniforms and sticks. Peace was made after a moment of uproar and the soldiers got out, but as they did so a pack of their women followers thrust their bare heads and arms into the doorway, cursing and blaspheming with extraordinary rage.

As the train moved away a moment later, these women set up a frantic lamentation. I looked out and caught a glimpse of the wildest heads and figures I have ever seen, shrieking and screaming and waving their naked arms in the light of the lanterns.

As the night went on girls began crying out in the carriage next us, and I could hear the words of obscene songs when the train stopped at a station.

In our own compartment the sailor would allow no one to sleep, and talked all night with sometimes a touch of wit or brutality and always with a beautiful fluency with wild temperament behind it.

The old men in the corner, dressed in black coats that had something of the antiquity of heirlooms, talked all night among themselves in Gaelic. The young girl beside me lost her shyness after a while, and let me point out the features of the country that were beginning to appear through the dawn as we drew nearer Dublin. She was delighted with the shadows of the trees--trees are rare in Connaught--and with the canal, which was beginning to reflect the morning light. Every time I showed her some new shadow she cried out with naïve excitement--

'Oh, it's lovely, but I can't see it.'

This presence at my side contrasted curiously with the brutality that shook the barrier behind us. The whole spirit of the west of Ireland, with its strange wildness and reserve, seemed moving in this single train to pay a last homage to the dead statesman of the east.

 

[やぶちゃん注:『「旦那、こいつあ、ばかに重いなあ。」彼は云つた。「此の中には金がはひつてるんだらう。」』原文は“'It's real heavy she is, your honour,' he said; 'I'm thinking it's gold there will be in it.'”。私としては『「旦那――この娘っこは、まあ、ばかに重いなぁ。」と彼は言った、「こん中は――金――と睨んだね。」』と訳したい。人称代名詞の誤用は既出。

「べダッド・イス・モール・アン・スルーアェ(ちえツ、そいつあ惜しかつた)。」原文は“'Bedad, is mor an truaghé' ('It's a big pity'),”。“bedad”は“begad”と同じで、“by God”の婉曲口語表現。やや罵りを含んで、「ちぇ」「とんでもない」「まぁ」。これは英語で、以下がゲール語になる。最後の単語の綴りに含まれる“truagh”は、ゲール語で“poor, wretched, sad, miserable, pitiful, woeful.”を表す形容詞である。ここは“miserable”が相応しいか。“is mor an”は自動翻訳機にかけると「素晴らしい」と訳される。「ちぇッ! そりゃ、素敵に惜しいね。」といった一種の逆説的誇張表現か。識者の御教授を乞う。なお、栩木氏はゲール語部分を音写して「シュ・モール・アン・トゥルア・エー」とされている。

「イニシマーン語の」原文は“Inishmaan pronounced”。「イニシマーンで発音される」、だからイニシマーン訛りのゲール語のことである。

『「フォルティエ」(いらつしやい)』原文“'Failte' (Welcome)”。ゲール語で「ようこそ」「いらっしゃい」の意。一般には“Cead Mile Failte”(ケード・ミル・フォルチャ)と言う。音写は「フォルチャ」「フォルチュ」「フォルーチャ」などと記される。

「人中で話しかけるのが恥かしかつたので、後をつけて來たのです。私を覺えていらつしやるかどうかみようと。」何故、マイケルは「人中で話しかけるのが恥かしかつた」のか? 勿論、マイケルの優しい人柄(相手にとって意外な場所で声をかけて吃驚させてはいけないという配慮)もあるが、直前のイニシマーン訛りの“Failte”から察するに、彼は自分の英語の発音に自信がないのかも知れない。少なくとも、公共の場で英語を話すのは気が引けたのではあるまいか? 更に、その後に「後をつけて」「私を覺えていらつしやるかどうかみようと」思ったというところからは、逆に人気のないところで遠慮せずに、シングにゲール語、それも確信犯のイニシマーン訛りのそれで声をかけて、それで私と分かるかどうかを試してみようという、茶目っ気もあるように思われる。

「パーネル記念祭」姉崎氏の注にある通り、アイルランド独立運動の政治指導者、アイルランド国民党党首チャールズ・スチュワート・パーネルの命日を以て彼の業績の記念とする日。アイルランド自治法の提案や、プロテスタントの地主による大地主制からカトリックの小作農の土地所有を認めさせる国土法を成立させた。女性スキャンダルによって惜しくも失脚したが、イギリスの首相ウィリアム・グラッドストンは自分が会った人物の中で最も非凡であったと述べている(以上はウィキの「チャールズ・スチュワート・パーネル」を参照した)。

「大暴民」原文は“enormous mobs”。桁外れの大群衆。「暴」はちょっときつ過ぎる。

「酒場へ驅け込む突貫があつたり」原文は“there was a rush to the bar”で、要は短い停車時間の間を惜しんで、バーに突進するように駆け込んでは数杯を煽ることを言っている。

「バリンスロー」“Ballinasloe”。音写は「バリナスロー」が正しい。ゲール語では“Béal Átha na Slua”(ベル・オーハ・ナ・スルア:「人込みの瀬の口」の意)古代よりこの町は人の集まる場所であった)。ゴールウェイ州の東端にある町。アイルランド中西部に位置する。古くはシャノン川の支流サック川の合流点として運河による水運の町として栄え、ダブリン―ゴールウェイ間の鉄道路線が町を通り、今も交通の要所である(以上はウィキの「バリナスロー」を参照した)。

「連れの女たちの一團が、非常な怒りに惡口を吐きながら、露はな頭や腕を戸口へさし入れた」以下の、この「女たち」の騒擾は、パーネル記念祭の宵祭のハレの雰囲気を語るのだが、しかしどうもそれだけではあるまい、という気もする。この女たちが憤激しているのは兵士たちと一緒に客車に載れなかったからと思われるが(兵士たちも乗れなかったようにはとれない。ホームで罵声を飛ばすのはあくまでこの「女たち」だけである)、定員をオーバーしてはいたのであろうが、譲り合えない程の超満員であったとも思われないのである。彼女は数人の兵士の、その「連れ」である。私は、この「女たち」が特別な職業の女(売春婦)であったことを匂わせてもいるような気がするのである(それは次のシーンの隣りのコンパートメントの女の嬌声――これは、この「女たち」の中で何人かの乗れた「女たち」の声ではないか――また、停車した駅で響いてくる「卑猥な歌」が、それを暗示させるように私には思えるのである。識者の御教授を乞う。

「だけど見えないわ。」という娘の台詞は、恐らく長身のシングが指差して教える早暁の彼方の景色を、「だけど私には、よく見えなくてよ。」と言っているのであろう。]

« 母 一周忌 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著 姉崎正見訳 アラン島 第二部 ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注 »