フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 宇野浩二 芥川龍之介 十三 | トップページ | 僕の書斎から見下ろせる久成寺の桜――母さん 花見をしようねえ―― »

2012/04/10

山燃え

昨日と今日、母の相続登記のために鎌倉の法律事務所に通う。妻は名古屋の母の介護に昨日から行った――

僕の書斎からもそうなのだが、北鎌倉の手前から西の山並、北鎌倉からトンネルを抜けた鎌倉側の谷戸の東(向かって右手)の峰々が桜と新緑で素晴らしく燃えている。こんな季節に僕は鎌倉をしみじみ見ることはなかったのだと気づいた。まるで黒澤明の「生きる」みたように、僕は何で55歳という老齢に至るまで、こんなに;美しいグラデーションの鎌倉の景を見ることなく生きて来たのだろう、と激しく後悔した――

横須賀線の車内からでよい(寧ろ、その方がいい。佐助に向かうあの間道でさえ、人息れは吐きたくなるぐらい酷いから)、近日中に御覧になることをお奨めする。電車に乗って、行って、戻る――何と贅沢なことだろう――

たらば書房で岩波文庫を一万円強分買って、行きつけの大船ルミネの「アジオ」で遅い昼食と赤ワイン。気に入っているウェイトレスの子が挨拶に来た。横井也有「鶉衣」の面白さにのめり込んで一時間ほどいたが、僕と隣りのローマ史の本を読んでおられたご老人以外は、総て御婦人方で、しかも僕は明らかに平均年齢を下げている存在であった――まあ、お互い、何と贅沢なことであろう――

僕は侮れない旨い赤ワインのカラヘを美事に空にしながら、平日の真昼間の一時の至福を祝したのであった――

« 宇野浩二 芥川龍之介 十三 | トップページ | 僕の書斎から見下ろせる久成寺の桜――母さん 花見をしようねえ―― »