フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 断捨離帖2 常呂から北見平和ゆき 硬券 記念ガリ版附録附 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之一 山川 »

2012/05/20

耳嚢 巻之四 人には品々の癖ある事

 人には品々の癖ある事

 

 寛政六年冬の事也し。御用を承る御具足師妙珍何某が方へ、綺羅人品とも格別ならざる武士參りて、具足一領拵(こしら)へ度(たく)、注文は如此(かくのごとく)也と書付を見せ、凡何程にて出來可致哉(いたすべきや)と尋ける故、妙珍も其人物右樣の具足可申付(まうしつくべし)とも思わざる故、凡百兩餘にては出來可致旨を答へければ、左候はゞ直(ぢき)に賴度(たのみたき)由を申ゆへ、世には品々の手段にてかたり事などいたす事もあれば氣遣敷(きづかはしき)ゆへ、いよいよ被付候はゞ職分の者へも得(とく)と聞糺(ききただし)、直段(ねだん)を極可申(きはめまうすべき)旨を申斷(まうしことわり)相返し、手代(てだい)共と相談評議しけるが、右の武士いかにも金高の武具等申付候人品にも無之、注文通には凡百兩餘にては出來も可致候へ共、百五拾金とも申候て可然(しかるべく)、旁々(かたがた)右居宅をも見屆け可然(しかるべし)と咄合候處、翌日猶又右侍罷越、彌々積りは出來候哉(や)と尋ける故、百兩餘とは凡積り申上候得共、得(とく)と御好の趣を以積り合候處、百五拾兩に候はゞ急度(きつと)念を入相仕立可申旨を申候處、左候はゞ其通り賴入(たのみいる)、早速取懸り可給(たまふべき)旨にて、手附金五拾兩相渡、證文受取罷歸(まかりかへ)り候樣子に付、尚又疑ひ候て、明日御屋敷へ罷出猶又可相伺(なほまたあひうかがふべき)旨を申、翌日所書(ところがき)の通(とほり)小石川三百坂へ罷越右屋敷を承り候處、門塀家作の樣子も甚破損の躰(てい)にて尤(もつとも)貧家と見へけるゆへ、一たびは驚き一度は疑ひながら、案内申入則(すなはち)主に對面せしに、前日參れる人にて、則取懸候趣をも申越、妙珍も類燒已來金子不手廻(ふてまはり)故、今少し内貸(うちかし)相願候趣申入けるに、隨分可差遣(さしつかはすべき)段には候得共、當時金子貮十兩は有合(ありあひ)候得共、跡三十兩は明日可相渡(あひわたすべき)由にて、右貮十兩を渡しけるゆへ請取歸り、取懸りの儀申付、さるにても不思議成儀、右屋敷近所にて承合(うけたまはりあひ)候ても、至て不勝手にて諸拂買懸(はらいかひがか)り等も不束(ふつつか)に成行候由故、何とも不審成(なる)事と思ひ居たるに、間もなく右仁(じん)罷越、彌々取懸り給候哉(や)との尋故、下鐵(したがね)其外相みせければ、此間約束の金子の由にて三十兩相渡ける故、妙珍も驚入、さてさて此節新規に御好を以て甲胃御仕立と申儀餘り無之候、御心掛乍憚(はばかりながら)感心致し申候、私職分の儀故御好通り相仕立、此上の御入用はまけ候て可差上(さしあぐべし)と申ければ、右武家以の外憤り、最早相賴間敷(あひたのむまじき)、定(さだめ)て屋敷の樣子我等が人品、右躰(てい)の大金可差出(さしだすべき)者に無之(これなし)と見候ての事に是有べし、我等は若年より武具造立(ざうりふ)の心懸にて、萬事の雜費をも差置、入用を貯(たくはへ)、此度仕立の儀申付候處、武器へ對し負け候と申す儀何とも得難其意(そのいえがたし)、最早入用も捨可申(すてまうすべき)間仕立無用の旨を申候故、妙珍も殊の外込(こま)り、誠に恐入(おそれいり)候儀、風與(ふと)申違ひに候間、殘金は引(ひき)候て仕立可差上(さしあぐべし)と相詫(わび)ければ、武具に引候との儀悦(よろこば)しからず、いづれ賴まじきとて殊の外憤り歸りける故、妙珍父子親類迄も日々三百坂の屋敷へ通ひ、手を摺り詫いたし、翌卯の正月までもいまだ不相濟(あひすまざる)由、所々にての噂也。名前は差合(さしあひ)あれば不語(かたらざる)由、我も兩三人より聞およびし事也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:連関なし。武辺物へ流れを戻した。本話はその末尾の洒落が笑話や落語にありそうな感じであるが、根岸の実際の聞書きであること、登場人物の一方が完全に特定された実在する具足製造の商業行為を行っている人間であること(これが作り話であれば営業妨害に相当する内容である)、もう一方の匿名の武士も、本話中の情報を用いれば数人に若しくはある一人の特定実在人物に同定することは必ずしも難しくないこと(こういう堅物で偏屈な武士は必ずしも珍しくないと思われる)、などを考えると実話であったと考えてもよいようにも思われる。私の好きな話柄である。

・「寛政六年」西暦一七九四年。

・「具足師妙珍」幕府御用達の甲冑製造師妙珍。底本の鈴木氏の注に、『明珍が正しい。遠祖宗徳が甲冑と鍔の名工で、子孫業をつぎ、名工多く、この一門で甲冑の製造を独占するにいたった。明珍は第三十二代宗介が近衛天皇から賜わった号であるが、一門これを称した』とある。保元の乱絡みでいわくつきの、十六歳で夭折した近衛天皇の在位は永治元(一一四二)年から久寿二(一一五五)年。武家の台頭と軌を一にして賜号を受けたというのが興味深い。

・「綺羅」「綺」は綾織りの絹布、「羅」は薄い絹布の意で、本来は美しい衣服を言う。ここでは実際のみすぼらしさを憚っての単に服装の意。

・「職分の者」この頃になると甲冑製造は工房システムでの分業であったのであろう。それぞれの部位の細工を担当する者を言う。

・「小石川三百坂」現在の文京区小石川三丁目と四丁目の境、伝通院の西にある坂。元は三貊(さんみゃく)坂と言った(この原呼称の意味は不明)。ここは播磨坂周辺に上屋敷を持っていた松平播磨守頼隆が登城の際に通った道で、松平家の仕来りで、藩主登城の際の徒歩の供侍は、まず玄関で殿にお目通りし、それから直ぐに着替えて登城の列に加わることとなっていた。徒歩侍の者は、登城の列が伝通院横のこの坂を登り切るまでに追いつけなかった場合、三百文の罰金を支払う掟となっており、そこから松平家家士がこの坂を三百坂と呼び、一般でもかく呼称されるようになった旨、懐山子の「江戸志」にある。

・「類燒」本話は寛政六(一七九四)年の出来事とするが、まさに江戸の花、寛政年間には四(一七九二)年・五年・六年と立て続けに江戸は大火に見舞われている。

・「内貸」代金の一部前払い。

・「當時金子貮十兩は有合候得共、跡三十兩は明日可相渡由」この文脈から考えると、既に内金五十両が支払われている百五十両という金額に対し、「今少し」という売手の言葉を受けて、買手が自律的に「では明日までには、総額百両耳を揃えて支払おう」と言っていることが分かる。これは恐らく当時の不文律で、通常は支払総額の2/3を内金とするのが相場だったことを示すものではあるまいか? 但し、百五十といった高額の場合はその限りではなかった、最初の五十両若しくはプラス二十の七十両で既に十分であった可能性が高い。でなければ、後日、七十プラスの三十両を主が持参した際、妙珍が「驚入」とは思えないからである。識者の御教授を乞うものである。

・「拂買懸」支払いと買い掛かり(代金後払い)。

・「下鐵」具足本体に用いるための原材料の鉄板であろう。

・「妙珍も殊の外込り」底本では「込り」の右に『(困り)』とある。

・「翌卯」翌寛政七(一七九五)年乙卯(きのとう)。

・「妙珍父子」ここで主役を演じているのは父か子か。子では役不足なので先代の父、大旦那と採りたい。子は既に店の実務を担当していた若旦那と判断した。頑是無い小さな子でも謝罪効果はあろうが、本話柄の父妙珍はどうみても老獪で若くない。

・「名前は差合あれば不語」江戸切絵図を見るとこの三百人坂には左右に二十四軒ほどの屋敷が並んでいる。こいつかな? こいつかも? なんどと夢想しつつ、切絵図を見るのも、私には楽しみの一つである。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 人にはそれぞれに多様な性質(たち)のある事

 

 寛政六年冬のことであったという。

 幕府御用を承る御具足師妙珍何某が方へ、服装人品ともに、如何にも見栄えのせぬ武士が来店致いた。

「……具足一領、拵えたい。仕様は、かくに通りで。」

と書き付けを見せ、

「……さても、凡そ、如何程にて、仕立てられようか、の。」

と訊ねた故、妙珍も――その、かくもみすぼらしい風体(ふうてい)の者に、指し示された書付に御座るような立派な仕様の具足を誂える器量や金があろうとは思わざる故、

「……さても、凡そ、百両ほどなれば……出来ましょうか、の。」

と答えた。するとその侍、

「相い分かった。では、直ぐにとり掛って貰いたい。」

と申す。

 妙珍は、そこで、

『……近頃、世間では思いもよらぬ手練手管で、とんでもない騙(かた)りなど致すこともあればこそ……この男、大いに……不審じゃ……』

と思い直し、

「……ああ、いや……さてもご正式にご注文なさるので御座れば、各々の細工職人が方へも、ご要望の仕様につき、仔細打ち合わせ聞き質(ただ)いて、正確なお値段を決めさせて頂いた上で、それをお示し申し上げますれば。」

と受注の儀はまずは留保致いて、侍には帰って貰(もろ)うた。

 男が帰った後、妙珍は手代どもを集めて頭を突き合わせ、いろいろ相談評議致いた上、

「……いや……あの侍、とてもかくなる精緻な仕様の高価なる武具など、とても注文致すべき人品にては、ない。注文通りのものならば、まあ、百両余りにては出来も致そうが……百五十両、とふっかけてみても、まんざら法外な値とも言えまいtえどうじゃ?……その話方々、先方の居宅の様子なんども……それとのう探って参る、というのも、よかろうが。」

と決した。

 ところが翌日、またしてもかの侍がやって参り、

「さても、見積もりは出来て御座るか?」

と訊ねるので、明珍、慇懃に、

「はい。――昨日は『百両余り』と、凡その見積もりを申し上げましたが、とくとお好みの仕様を仔細検討させて戴きましたところ、百五十両で御座いますれば、当方、請け負い申し上げ、必ずや、精魂込めてお仕立て申し上げようと存じまする。」

と申したところ、男は、

「……なれば……よし! そのように頼んだ。早速にとり掛って貰いたい。」

と、手付金五十両を支払い、当該前金領収の證文を受け取って帰って行った。

 しかし――その一部始終を見て御座っても、妙珍は、未だ不審が晴れない。

「……儂が明日直かにお屋敷へ参って……なお、また……いろいろと……様子を窺ってみよう。」

と店の者に言うた。

 翌日、注文書の所書きの通り、小石川三百坂へ参って、かの侍の屋敷を訪ねて見たところが、門や塀――いや、その家作全体の在り様は――これ、損壊甚だしく、文字通り、廃屋の如くにして究極の貧家――といった体たらくで御座った。

 一たびはそのおぞましいばかりの棄景に驚き呆れて、一たびは『こんなところに、かくも五十両を出した武士の、住んでおろうはずもない』と深く疑念を持ちながらも、案内を乞うた。

 主(あるじ)が出て来て、対面致いたところ――

 確かに――前日参った侍で御座った。

 妙珍は、早速に作具の用意にとり掛った旨の嘘を申し述べた上で、

「……実は拙者儀も、……先般の大火類焼以来、……そのぅ、金繰りに困って御座いましてのぅ……その、……今少し、内金を相い願いたく存じ、参上致いた次第にて御座いまする。……」

という話を持ち出してみた。すると、

「……うむ……それなりに追加の金子を差し遣わすに異存はない。ただ……ただ今は、手元のあり合わせ、これ、二十両ほどしか御座らねば……あとの三十両は、明日渡そうぞ。」

と言うたか思うと、即座にその二十両を渡いた。

 店に戻った妙珍は、直ぐに手代どもに作具の準備に入ることを命じならも、

「……いや、それにしても不思議なことじゃ、……行きしなと帰りがけにも、かの屋敷の近所にてそれとのう、話を聴いてみたところでも、かの侍、至って勝手不如意にして、諸々の支払い売掛けなんども、殆んどがこれ、滞っておるとの専らの噂……それで、百両、基、百五十両の具足に、かの五十両と、この二十両をぽんと出すとは……何とも不審なることじゃ……」

と独りごちで御座った。

 そのような晴れぬ思いの中で仕事をして御座った妙珍のもとへ、間もなく――侍の申した通り、正確に、その翌日のこと――かの御仁が来店致いた。

「いよいよ本格的な作具にとり掛って呉れて御座ろうかの?」

との問いであった故、幸い、届いて御座った発注した鉄素材や、その外、注文書にあったのと同じ槅(さね)や錣(しころ)の見本を見せなど致いたところ、男は満足気に、

「先般、約束の金子じゃ。」

と言って、三十両出だいた。

 疑いばかりかけて御座った妙珍も――まさか、自ずと後ろめたい不要の三十両を、あの貧窮貧相なる男がちゃんと耳を揃えて持ってくるとは思いもよらねばこそ――流石に驚いて、

「……あっ……さてもさても、この天下太平の折りから、新調の具足一式を、それも美事なるご自身のお好みによる、細部仕様書まで添えてのご注文というは、これ、とんと御座らぬことにて御座いまする。――さても武士としての、そのお心懸け、憚りながら、感服仕って御座いますれば、私めも具足師、この命にかけて、お好み通りに相い仕立て申し上げますれば、――この上のお代は、負けさせて戴きますればこそ……」

と言い掛けたところが――

――かの武士、以ての外に憤って――

「……何?! 最早、頼まん! 定めて拙者が屋敷の様子、我らが人品を垣間見て、かくなるほどの大金を差し出せるような者にては――ない――と踏んだのに違いがなかろうが! 拙者、若年より不断に武具造立(ぞうりゅう)をこそ心懸けとして参り、あらゆる雑費を切り詰め、切り詰め、他に掛る金をさえもそちらに回さずに貯え、貯え、この度、ようやっと具足仕立ての儀を、貴殿に申し付けたところじゃった!……むむむ、むむむ!……その、武士の武器へ対し……『負けさせて戴く』と申すは!……何とも、貴殿の『感服』と申すその心根の真意も、これ、はかり難し!!……最早支払いたる前金七十両も、これ、捨て申せば――仕立て無用!!!」

と、戦場の名乗り宜しく、大音声にて呼ばわる。

 妙珍はすっかり心を見透かされたによって殊の外に困り果て、土間に飛び降りると、地に額(ぬか)を附けんばかりに低頭した。

「……誠に、恐れ入って御座りまする!……あれは、その、……ふと、申しようを違(たご)うたに御座れば……あの、その、……残金は、……引きまして……お仕立て申し上げますれば……」

と詫び言を言うた。

――ところが――

「……何と、なッ?! 武具に、言うに言欠いて……『退(ひ)く』……となッ?! 面白うない!! 何れにせよ、もう、頼まん!!!」

と喚くや、男は、殊の外憤ったまま、ぶるぶると全身を武者震いさせて、帰って御座った。

 それ故、困惑した妙珍は、後継ぎとして既に店に出て御座った子を連れ、更にはそれなりの御武家方に知れる方の御座る親類なんどまで繰り出して、お百度ならぬ三百坂の、お屋敷へと日参致いては、手を擦っては詫びを致いたものの――翌七年卯年の正月になっても――未だ、かのお武家さまのお怒りは解けず、妙珍のお店(たな)も不名誉なれども如何ともし難し、致し方なくして、全く以て困り切って御座る――というは、私の勤務先など、しばしば、いろいろな所で、もっぱらの噂となって御座る。

「……このお武家の名は……いや……差し障りがあれば名は申しますまい……。」

との由、私自身、三人もの違った者より聞き及んだ話で御座る。

« 断捨離帖2 常呂から北見平和ゆき 硬券 記念ガリ版附録附 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之一 山川 »