フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 耳中へ蚿入りし奇法の事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 修行精心の事 »

2012/05/12

耳嚢 巻之四 小兒餅を咽へ詰めし妙法の事

 小兒餅を咽へ詰めし妙法の事

 

 小鬼の餅を喰ひて咽(のど)へ詰りくるしむ時は、鷄のとさかの血をとりて呑ませ候得ば、或ひは内へ治り又は吐事妙也。衞肅同寮の彦坂某の子、物あたり右の奇藥にて難儀をばすくひしよし。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:奇なる救急法で直連関。

・「鷄のとさかの血」について、底本の鈴木棠三氏の補注では、後の浮世絵師で戯作者の暁鐘成(あかつきかねなり 寛政五(一七九三)年~万延元(一八六一)年)の書いた「雲錦随筆」には、『大根おろしのしぼり汁がきくとある』と記し、漢方系の記載を管見すると、「鶏冠血」と称して意識不明の患者の顔面にこれを万遍なく塗布すると回復するともある。鶏の血は、軽便に供給出来ることからか、原始社会の呪術ではしばしば用いられる呪具である。

・「衞肅」は底本補注で『モリヨシ。九郎左衛門。根岸鎮衛の長男』で寛政三(一七九一)年に『御小性組に入』り、その当時三十一歳とある。この親族情報から、本記載は本巻の中では最も古い部類の記載である可能性があるように思われる。

・「同寮」同僚。

・「物あたり」岩波版「まのあたり」。こちらを採る。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 子供が餅を喉に詰まらせた際の救急法の事

 

 子供が餅を食って、誤って喉に詰まらせて苦しむ際には、鶏の鶏冠(とさか)の血を採って呑ませて御座れば、速やかに餅は胃の腑へと入って治るか、若しくは餅を吐いて、まっこと、妙法である。我が子衛肅(もりよし)の同僚である彦坂某の子は、まさにこの妙法奇薬によって事なきを得て危急を救われたとのことである。

« 耳嚢 巻之四 耳中へ蚿入りし奇法の事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 修行精心の事 »