フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「新編鎌倉志卷之一」本格注作業開始 | トップページ | 光の門 (全一幕) ロード・ダンセイニ 松村みね子(片山廣子)訳 »

2012/06/01

耳嚢 巻之四 油垢を落す妙法の事

 油垢を落す妙法の事

 

 いかやうに油付たる衣類にても、里芋をうで候湯にて洗へば落ちる事妙也。予が方に抱へし小女親元にて仕覺しとて、娘共のかり結(ゆひ)などにせし油に染たる小切を貰ひ洗ひて見せけるに、緋縮緬紅絹(もみ)の類、色をも失はず元の如くに成候故、油に染み襟油抔附たる切レを洗ひ見しに、聊(いささか)色を損ぜず新しく成りし也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:冒頭に幾つか出た呪(まじな)いの類と遠く連関。これは呪(まじな)いの類い。里芋の何らかの成分が油を分解する可能性は、どうもありそうもない。……因みに、私のお母さんの味は、このぬめりをしっかりと含んだ味噌汁だった。妻にも作れないし、今までどこでもあの不思議な舌触りと味に出逢ったことはない。もう母はいない。永遠にあの味には出逢えないのだろうか……。

・「里芋」単子葉植物綱サトイモ目サトイモ科サトイモ Colocasia esculenta

・「かり結」髪を洗ったあと、一時的にざっと結っておくことを言う。

・「紅絹(もみ)」絹織物の一種で、真赤に無地染めにした薄地の平絹をいう。ウコンで下染めしたものをベニバナで上染めして仕上げる。花を揉んで染めることから「もみ」と名がついた。戦前までは女性の和服長着の胴裏(どううら)や袖裏として用いられていたが、薄い色の着物の場合、表に色が出てしまうため、現在ではあまり用いられなくなった(以上は主にウィキの「紅絹」に拠った)。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 油垢を落とす妙法の事

 

 どんなに油が染み付いた衣類であっても、里芋を茹でて御座った湯にて洗えば、たちどころに落ちること、これはまっこと、不思議なる事実で御座る。私の家にて雇うておる小女が、親元にてやり方を覚えたとのことにて、私の娘どもが仮結いなどの折りに添えて用いた、油に染みた小切れを貰い受けて、試みに洗って見せたのであるが、緋縮緬や紅絹(もみ)の類いが、全く色落ちすること、これなく、元の如くになって御座った。襟にべったりと油染みが出来た切れを洗ってみても、これ、聊かも色を損なわずに、新品同様になったのには驚いて御座った。

« 「新編鎌倉志卷之一」本格注作業開始 | トップページ | 光の門 (全一幕) ロード・ダンセイニ 松村みね子(片山廣子)訳 »