フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 幻の鶴岡八幡宮寺の鐘の銘を読む | トップページ | 耳嚢 巻之四 番町にて奇物に逢ふ事 »

2012/06/05

リベンジの宿/僕のお薦めの宿

2005年7月21日、右腕を折った。22日に妻と温泉を予約していた。23日に手術をした。なかなかとれない温泉宿であったから、僕は僕の代わりに亡き母を妻とともに送り出した。後に妻は、今までで一番いい宿だったと言った――

それから6年――遂に因縁のその宿に昨日一泊した。
妻の評価は――事実であった。湯処・客室(露天風呂附)・食事・接客総てを綜合的に評価して僕は、最後の100点を満点として何点かというアンケートに――

120点

と記した。僕の旅館の評価ははっきり言ってかなり厳しい。浴場の清潔さや設備類の不具合、仲居の態度や料理の塩梅に至るまで、仔細に検証する。その僕にして、満点を越えて評価出来る宿であった(それでも大浴場の排水の不具合と湯船のバブル機能の停止の文句は記した。帰りがけに、それを早速に読んだ若女将が挨拶に来たのも打てば響く対応で素晴らしい)。

「箱根吟遊」

一度は訪ねてみる価値のある宿である。

因みに、私の今までのベスト3は、

1 箱根吟遊(箱根宮ノ下)

2 美山荘 (京都の奥山花背(はなせ)の里・料理旅館で温泉ではないが、その摘草料理と建物と自然が他の追従を許さない)僕の「SCULPTING IN TIME」に母屋内の写真がある

3 石葉(湯河原・料理のレベルも高いが、高台にある露天風呂は絶品)

比較的予約をとり易く、料金も手頃なところでは、複数回リピートしている修善寺「嵯峨沢館」、河津大滝(おおだる)温泉の「雲龍」や、同じ大滝のアット・ホームで囲炉裏の箱膳が懐かしい「河鹿庵」を挙げたい。

何れも、決して失望させない宿である。保証する。

« 幻の鶴岡八幡宮寺の鐘の銘を読む | トップページ | 耳嚢 巻之四 番町にて奇物に逢ふ事 »