フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉攬勝考卷之二 段葛 | トップページ | HP開設7周年記念 釈安珎(「元亨釋書 卷第十九 願雜十之四 靈怪六 安珎」より) 附やぶちゃん訳注+縦書版 »

2012/06/25

耳嚢 巻之四 奇病の事

 奇病の事

 

 松平京兆(けいてう)の物語に、此程奇成事あり。家中の侍の妻病氣にて里へ歸り居しが、風與(ふと)口走りていへるは、夫の外の女に心を寄せて我を見捨、不快に事寄(ことよせ)里へ差越せしも右女の仕業也と、或は恨み或は怒りなどせし有樣、一通(とほり)の病氣とも見へず。右妻は至て其容貌も美麗なるよし。男は美道の沙汰はさし置(おき)、いとたくましき人物の由。彼女の疑へる女は脇坂家の茶道成(なる)者の娘にて、主人の奧に勤居(つとめをり)しが、彼男の人躰(じんてい)を平日譽てことのふ執心せしよし。然れども不埒などありし事も聞かず、只しれる中のみ也しが、これ發熱して、彼本妻我を憎み呪詛せる抔口ばしり、此程は熱も覺て快よけれど、いまだ幻は右の事をいひ罵る由。全(まつたく)狸狐のしわざに哉(や)と怪敷(あやしき)事もありぬと私に語り給ひぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:怪異譚連関だが、この話は根岸も怪異とせずに「奇病」としているように、これは一種の心因性精神病で、どちらの女も偶然に病的なヒステリーと強い関係妄想を呈した、一種の強迫神経症に相次いで罹患した(妻の病態とその恐らく名指しの自分への批難を聴いて、謂わばASD(Acute Stress Disorder 急性ストレス障害)に『感染』、病態を見るにPTSD(Posttraumatic stress disorder 心的外傷後ストレス障害)へと移行したと思われる。即ち、これは確かな事実であったと考えてよい。現代語訳では、そこを考えて、細部のリアルさを加えて翻案してある。

・「松平京兆」前の「怪刀の事」の松平輝和のこと。

・「事寄(ことよせ)」は底本のルビ。

・「美道」底本には右に『(尊本「美色」)』と傍注する。

・「脇坂家」播州龍野脇坂藩。寛政九(一七九七)年当時ならば、当主は第八代藩主寺社奉行(後年に老中)であった脇坂安董(わきさかやすただ 明和四(一七六七)年~天保十二(一八四一)年)である。当時、松平輝和は奏者番と、脇坂安董と同じ寺社奉行を兼任していたから、ここに脇坂家側の女の情報源としての接点が窺えると言える。

・「茶道」茶坊主。彼らは剃髪していたために「坊主」と呼ばれただけで、れっきとした武士。将軍や大名の下での、茶の湯に於ける給仕や接待を担当した。因みに、芥川龍之介の養家芥川家の家系は、将軍のそれである御数寄屋(おすきや)坊主で、由緒ある家柄であった。

・「彼本妻我を憎み呪詛せる」の「憎み」は底本では「僧み」。誤植と見て、訂した。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『うらみ』とあるから、「恨」の可能性もあるとは言える。

・「幻は」奇妙な謂いである。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『折りには』とあるから、これの誤写とも思われる。「かはりては」等と訓読するのは、如何にもつらい。岩波版で採る。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 奇病の事

 

 松平京兆輝和殿が語る。

 

……このほど、何とも奇妙な事が御座っての。

……家中の侍の妻が、病気で里へ帰っておったのじゃが、この女、ある日、突然、

「……夫は、他所の女に心を寄せて妾(わらわ)を見捨てた! 病気を名目にして、里へ下がらせたも、その女が仕業!……」

と、恨みごとを口走るわ、怒って呶鳴りまくるわで、その有様、尋常の病いとも思われぬほどじゃ、と。……

……その妻で御座るか?

……聴くところによれば、容貌も、これ、十人並の美麗なる者と聴いて御座る。……

……その夫の方はと?

……そうさの……これは好色の噂はともかくとして……これも、まあ、なかなかの偉丈夫で御座る。……

……実は、の

……かの妻女が疑っておる『女』、というも……これ、分かって御座っての……これが、その、拙者の同僚で御座る、脇坂安董(やすただ)殿が屋敷の、茶坊主をしておる者の娘で御座っての……脇坂殿にも直接、お話を伺ったのじゃが……御屋敷の奥方に勤めておる娘とのことなのじゃが……

……実は、この娘……何でも、かの夫の侍とは、何処ぞで知り逢(おう)てでも御座ったらしく……かの男の人体(じんてい)を、これ、普段から頻りに褒めそやしておったそうじゃ……まあ、何で御座るな、その、世間で言うところの――『ご執心』――という体(てい)では御座ったと申す。……

……なれど、申しておくと――この二人の間に不埒なることがあった――なんどという噂は、これ、全く聞かぬは、拙者の家内にても脇坂殿御家中にても、これ、同じゃった……

……拙者も、実は……かの男を呼び出だいて、直(じか)に問い質いてみたが……

……かの男は、やはり思うておった通りの実体(じってい)なる者にて御座っての……要は、ただ、互いに少しばかり見知っておったというだけの仲で御座ること、これ、相い分かり申したのじゃ。……

……ところがじゃ

……脇坂殿のお話によれば、かの茶坊主の娘も――

突如、高熱を発し、

「……あの、本妻が!……妾を恨んでおる!……呪詛致いておる!……」

なんどと口走りだしたと申すのじゃよ……

……まあ、近頃は、やっと熱も引いて、恢復致いたとは聞いて御座るが……未だに折に触れて、

「……本妻が!……妾を恨んでおる!……呪詛致いておる!……」

と、言い罵っておる由。……

……全く以って……狐狸なんどの仕業にてもあろうか、なんどと噂致いての……何ともはや、怪しきこともあるもんじゃて……

 

――と、私にお話になられた。

« 鎌倉攬勝考卷之二 段葛 | トップページ | HP開設7周年記念 釈安珎(「元亨釋書 卷第十九 願雜十之四 靈怪六 安珎」より) 附やぶちゃん訳注+縦書版 »