フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 福島第一原発4号機問題 教え子の感想 | トップページ | 耳嚢 巻之四 澤庵漬の事 »

2012/07/11

父の考古学遺物コレクションより 石斧 1

父の発掘した考古学コレクションから幾つかを御紹介する。解説は総て私のオリジナルであり、勝手な推測に過ぎない。



縄文石斧(縄文後期で、戸塚と保土ヶ谷の間辺りで60年程前に採取したものと思われる)

Sh1

砥石様の滑らかな石質で粘板岩かと思われる。左上方の刃はⅡの反対側でも非常に洗練された研磨が施されており、所謂、局部磨製石斧と称してもよい仕上がりである。本体中央部(写真右上方から左下方)にかけて、深いもの(右上方)と、それと連動しないやや浅く小さなチップが認められる。前者はグリップを取り付けるためのものと思われ(即ち、本石斧は左下側面が石斧上面に相当する)、後者はそれを蒔きつけて固定する索条(藤蔓など)の溝のようにも見える。

Ⅱ Ⅰの裏面

Sh12

反転したので今度は柄は左下に伸びる形になる。刃の角度はⅠに比して有意に小さく、鋭くなっている。また、刃の上下の後延部分が、その背後末端(右下方)の石斧後部に比して有意に削られて細く縊れているのが分かり、正しく鑿を非常に寸詰まりにしたような形状であることが見て取れる。

Ⅲ Ⅰの照度を上げた画像

Sh1hi

こちら側の刃の左右部分にはチップがあるのが分かる。グリップ装着用のチップは前(刃の後ろ)が深く、そこから石斧後方になだらかの削られて、グリップの力が有効に刃面に及ぶように設計されていることが分かる。

Ⅳ Ⅱの照度を上げた画像
Sh12hi
刃が反対側と異なり、美事な仕上がりとなって、持ち主がこちら側の刃を丁寧に磨き上げていることが分かる。正確に言うと、写真左の角の部分は、当初、やや外側に傾斜したチップを形成させていることが触れるとはっきり分かる。

Ⅴ 石斧後面

Sh3_2
勿論、上が上(Ⅰの左下方の斜辺相当)である。下部が厚く、刃の上部向かって非常に美しいラインを形成し、石斧の強度が計算された美事な臼状を成している。

Ⅵ 石斧正面(刃部)

Sh4

素晴らしく鋭利な、効果的な「刃」が成形されている様子が見て取れる。Ⅰが左側、Ⅱが右側に相当する。こうして拡大してみると、正に芸術の域に近いという気がする。

« 福島第一原発4号機問題 教え子の感想 | トップページ | 耳嚢 巻之四 澤庵漬の事 »