フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉攬勝考卷之二 鶴岡八幡宮 施設各論終了 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 三 餌を作るもの~(1) »

2012/07/09

耳嚢 巻之四 鯲を不動呪の事

 

 鯲を不動呪の事

 

 鯲を買ふ時、升に入りても踊り狂ふ故、一升調ひて外器(ほかのうつは)へうつせば纔(わづ)か也。末の蓋(かさ)を臍へ當てゝ、白眼(にらみ)つけて計らせれば、頓(やが)て一倍也と人のかたりし也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:連関なし。先行する呪(まじな)いシリーズの一。――関係ないが、私は大の泥鰌好きである。――駒形ぜう」を月一遍は喰わないと――致命的な鬱に襲われるのである。

・「鯲」は「泥鰌」「鰌」で条鰭綱骨鰾上目コイ目ドジョウ科ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus。因みに、私がよく授業で言った薀蓄は、ドジョウは鰓呼吸以外に腸呼吸をすることである。水面に浮き上がって再び潜る時、彼らは口から酸素を吸い、その圧を利用して肛門から二酸化炭素を排出している。彼等は水面に出られるような環境でないと――溺死――するのである。なお、「どぜう」という表記は歴史的仮名遣いとしては明白な誤りである。由来としては「どじやう」が四文字で縁起を気にした江戸商人が同音の三文字に変えたものとも言うが、不詳である。更に関心のあられる向きは、ドジョウの博物誌として、私の和漢三才圖會 卷第五十 魚類 河湖無鱗魚の「泥鰌」の項及び私の注を参照されたい。

・「不動呪」は「うごかさざざるまじなひ」と読む。

・「升に入りても」江戸の泥鰌売りは桝売りであった。これを知らないと本話の意味が分からない。tachibana2007ブログ食べ物歳時記」の「江戸っ子と泥鰌と川柳に、

 こはさうに泥鰌の枡を持つ女

と桝にぎゅつと一杯よ、泥鰌売りを睨みつけて買い求めても、

 おちつくとどじやう五合ほどになり

という始末で、泥鰌売りは踊り暴れる泥鰌を巧みに計り売りし、泥鰌が桝の中で落ち着いてみれば、半分ほどしか入っていなかった、とある(川柳の一部の表記を正しい仮名遣に直させて頂いた)。この五合が、更に本話柄の最後と繋がるのである。即ち、「一倍」、桝正一合強は買える、というのである。

・「末の蓋」岩波版長谷川氏注に『椀のふたの一番小さいもの。』とある。

・「白眼(にらみ)つけて計らせれば、頓(やが)て」二箇所とも底本のルビ。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 泥鰌を動かないようにさせる呪(まじな)いの事

 

 泥鰌を買う時、桝に入れても大暴れするゆえ、一桝買(こ)うても、家に戻ってほかの器に移してみると、これ、どうみても、一枡どころか、悲しくなるほど僅かしかおらぬ――というは、これまた、世の常で御座る。

 そこで妙法を御伝授致そう。

その一 椀の蓋の一とう小さなを用意致いて、

その二 その蓋を泥鰌の腹の辺りにふと当て、

その三 その泥鰌をぐぃっと睨みつけた上で、

泥鰌売りにそう仕掛けた泥鰌を計らせれば――これ、まさに桝一杯に取れるので御座る……とは、さる知人の語った話で御座った。

« 鎌倉攬勝考卷之二 鶴岡八幡宮 施設各論終了 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 三 餌を作るもの~(1) »