フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲“OF A PROMISE BROKEN”オリジナル訳に突入 | トップページ | 「耳嚢 巻之四 藝には自然の奇效ある事」についての質問への教え子の返信 »

2012/07/27

火野葦平の「石と釘」の「香木川」について

福岡県若松出身の「河童工房の憤懣本舗」様より(リンク先は「河童工房の憤懣本舗」様のブログ)、火野葦平の「石と釘」の「香木川」について、有力な情報を頂いた。

本文後半に現れる高塔山から西北西に約二キロの地点の福岡県北九州市若松区小石に菖蒲谷貯水池(菖蒲谷ダム)があるのであるが、「河童工房の憤懣本舗」様は、
『今はもうふさがれたのですが、菖蒲谷貯水池から流れ出していた「赤崎川」という用水路のような小川があります。
香木=(あ)か(さ)き川ではないでしょうか?』
と考証されておられる。

他の地名を普通に表記しているのに、葦平がこのようなアナグラムで川名を示したとすると、その意図がやや不審ではあるものの、話柄の川の位置としては頗る自然である。

――いや、何よりも――「石と釘」の河童の子孫の方からのお話なのである。――これほど素敵で確かなものはあるまい。

「河童工房の憤懣本舗」様に、心より感謝致します。向後ともよろしくお願い致します。

« 小泉八雲“OF A PROMISE BROKEN”オリジナル訳に突入 | トップページ | 「耳嚢 巻之四 藝には自然の奇效ある事」についての質問への教え子の返信 »