フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 館林領にて古き石槨を掘出せし事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 四 殺して食ふもの »

2012/07/19

蒲郡クラシックホテル

姪の若夫婦と豊橋で会食、翌日、名古屋の義母を見舞った。
初日は、蒲郡の蒲郡クラシックホテル(旧蒲郡プリンスホテル)に泊まった。
(その歴史はウィキの「蒲郡クラシックホテル」を参照されたい。以下は同ウィキのパブリック・ドメイン画像)


Gama1

Gama2_2

僕は、27年前の1985年の秋、未だ独身の折りに、この蒲郡から伊良子岬に数少ない一人旅をした。
その時、この当時廃業していた「蒲郡ホテル」の外観を眺めながら、何故か、いつかここに泊まりたい、と思ったのを覚えている。

そんな希望を僕は妻に伝えることもなかったのだが、彼女はこのホテルを選んだ。

それにはまた別の理由があった。

妻の祖父は名古屋でも屈指の指物師であった。戦前――今、アルツハイマーで入院している、見舞ったところの――まだ幼かった義母を連れて、祖父はこのホテルの調度類の仕事をしたのだった。――

特別に、昭和天皇と香淳皇后が昭和32(1957)年――これは僕の生まれた年だ――に宿泊した部屋を見せて貰った。
カーテン隠しの桟や木製のテーブルに、祖父の堅実な仕事振りが感ぜられた。

連休の終り――遅いフランス料理のフルコース・ディナーを竹島を見下ろす44席あるメインダイニングの最も絶景のテーブルで食したが――7時から2時間余り――何とラッキーなことに――貸切ったように、僕ら二人きりだった――

料理もワインも景色も何もかもが最高だった――

温泉ではないし、大浴場もないが――泊まってよかった――僕の数少ない、お奨めのホテルである――

« 耳嚢 巻之四 館林領にて古き石槨を掘出せし事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 四 殺して食ふもの »