フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 二 進んで求めるもの(四) / 了 | トップページ | 鎌倉攬勝考 鶴岡八幡宮 北斗堂跡 »

2012/07/04

耳嚢 巻之四 老狐名言の事

現在、ブログ・アクセス数379905――
本日昼間には380000を突破するものと思われる。
本日の昼は、我が尊敬する師(数学者にして哲学者)と逢うこととなっており、恐らくは突破のリアル・タイムには立ち逢えぬが――
既に記念テクストは、転送すれば一瞬で公開完了可能なように、用意万端整って御座る。
乞うご期待。




 老狐名言の事

 

 右の彌二部狐也けるか、又は外の老狐爲りけるや。人に古き事などかたりて、人の爲(ため)をなしけることなど咄しけるに、或人後老狐に向ひて、畜類ながらも斯迄(かくまで)理にさとくして、吉凶危福を兼て悟りて人にも告る程の術(じゆつ)あれば、げにも名獸ともいふべきに、いかなれば人をたぶらかし欺(あざむ)きなどする事、合點行ざる事と申ければ、彼老狐答て、人をたぶらかしなどの惡業をなす事、狐たる物殘らずさにはあらず。かゝるいたづら事をなすは、人間の多き内にもいたづら不屆をなす者あるが如しといひて笑ひけると也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:妖狐直連関。――というより、それに引っ掛けた現代へ直連関する痛烈な皮肉である。原発、政治、犯罪、不倫……「いたづら不屆をなす者あるが如し」……

・「爲(ため)」利益。役に立つこと。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 老狐名言の事

 

 この弥次郎狐か、他の老狐で御座ったか――ちょっと失念致いてござるが――ともかくもさる老狐で、人に古き出来事を語っては、しばしば有意に、人の役に立つ助言など致いて御座った老狐が御座ったと思召されい。ある人が、この老狐に向かって、

「……畜類にてあり乍らも、かくまで道理に聡くして、しかも吉凶・禍福を事前に悟って人にも告ぐるほどの術を持って御座ればこそ、これはもう、狐は名獣とも言うてよかろうほどに……いかなれば、その狐が、片や、人を誑かして欺きなんど致すものか……これ、合点が行かぬことじゃ……」

と申したところ、かの老狐、答えて曰く、

「――人を誑かすなんどの悪行をなすこと、これ、如何なる狐も、皆、する、という訳では御座らぬ。……かかる悪戯(いたずら)なんどをやらかすは……沢山の人間の内にも、ほうれ、悪戯や不届きなることをなす者も……たんと、ある、のと……同なじ、ことじゃ……」

と笑って御座った、とのことで、御座る。

« 生物學講話 丘淺次郎 二 進んで求めるもの(四) / 了 | トップページ | 鎌倉攬勝考 鶴岡八幡宮 北斗堂跡 »