フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 老姥の殘魂志を述し事 | トップページ | 石と釘 火野葦平 »

2012/07/21

火野葦平 河童曼陀羅 テクスト化始動

火野葦平の43篇からなる河童作品集「河童曼陀羅」のテクスト化を始動する。
現在、5本目のアンガジュマン(自己拘束)である。


Kappamandara
河童曼陀羅   火野葦平

[やぶちゃん注:本作品集は火野葦平(明治四〇(一九〇七)年~昭和三五(一九六〇)年)がライフ・ワークとした河童を主人公とした原稿用紙千枚を越える四十三篇からなるものである。四季社より昭和三二(一九五七)年に刊行された。底本は昭和五九(一九八四)年国書刊行会が復刻し、平成一一(一九九九)年に新装版として再刊された正字正仮名版を用いた。上に示した作品表題は後書きによれば武者小路実篤の筆になるものである。

 火野葦平は福岡生まれ。戦前、家業の沖仲士の組頭「玉井組」を継いで、若松港湾労働者の労働組合を結成するなど労働運動にも取り組むが、検挙されて転向、昭和十二(一九三七)年の日中戦争出征前に書いた「糞尿譚」で翌年の第六回芥川賞を受賞、報道部へ転属となる。戦地から送った従軍記「麦と兵隊」で一躍人気作家となり、太平洋戦争中も各戦線で従軍作家として活躍した(攻略直後の南京入城ではそこに至る進撃路に於いて捕虜が全員殺害される様子を手紙に書いているという)。戦後は戦犯作家のレッテルを貼られ公職追放、戦争責任を厳しく追及されたが、自伝的長編「花と竜」、自らの戦争責任に言及した「革命前後」等で再起、再び流行作家となった。昭和三五(一九六〇)年一月二四日、自宅書斎で心臓発作により死去と報ぜられた。しかし、十二年後の昭和四七(一九七二)年の十三回忌の際、遺族によりアドルムによる睡眠薬自殺であったことが以下の遺書ととともに公表された(近親や弟子らは自殺であることを知っていた)。

死にます。

芥川龍之介とはちがうかもしれないが、或る漠然とした不安のために。
すみません。
おゆるし下さい。

さようなら。
昭和三十五年一月二十三日夜。十一時。あしへい。



沖仲士玉井組組長『男の中の男』玉井勝則、享年五十三歳の自死であった。

高血圧症による右目眼底出血などから鬱病を発症していたとされるが、彼の自殺は六〇年安保に向けて騒然としていた世情とも関係があると言われている(以上の彼の事蹟の記載についてはウィキ火野葦平や嵐山光三郎「追悼の達人」などを参考にした)。火野葦平の著作権は既に消滅している。ブログ版では傍点「ヽ」は下線に代えた。一部篇末に私の注を附したものがある。]

« 耳嚢 巻之四 老姥の殘魂志を述し事 | トップページ | 石と釘 火野葦平 »