フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ギリヤーク尼ヶ崎 / 東日本大震災追悼「祈りの踊り」 | トップページ | 耳嚢 巻之四 館林領にて古き石槨を掘出せし事 »

2012/07/16

耳嚢 巻之四 金瘡燒尿の即藥の事

本日より義母の見舞いに参る。随分、御機嫌よう――



 金瘡燒尿の即藥の事

 

 途中或は差懸り候て、血留(ちどめ)其外藥をもたざりし時、大造(たいさう)の疵はしらず、聊の疵か又燒(やけ)どの愁ひには、靑菜をすりて付るに即效有る事と、坂部能州かたりぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:民間療法三連発。

・「金瘡燒尿の即藥の事」底本には「燒尿」の部分に鈴木氏による『やけど』のルビがある。標題にはルビを振らないことを原則としてきたので、ここに記す。岩波版では長谷川強氏は「金瘡燒尿」には「金瘡(きんそう)・焼尿(やけど)」とルビを振っておられるが、私は後ろを「やけど」と和訓する以上、切り傷を言う「金瘡」は「きんさう(きんそう)」ではなく、「かなきず」若しくは「きりきず」と訓じているように思われる。

・「大造(たいさう)」は底本のルビ。

・「燒(やけ)ど」は底本のルビであるが、これまでのルビは( )で附された鈴木氏によるルビであったのに対し、これは( )がないので、原本のルビと判断される。

・「靑菜」は一般には緑色の葉菜類、カブ・コマツナ・ホウレンソウなどを指すが、狭義にはカブの古名ではある。但し、叙述から緊急時に常にカブがあろうとも思われぬから、広範な食用の緑色葉菜類を指しているように思われる。ネット上では、アオキ・ツワブキ・ビワ・アロエ等の生葉が民間薬として挙げられている。

・「坂部能州」坂部能登守広高。本巻の「蝦蟇の怪の事」に既出。寛政七(一七九五)年に南町奉行となり、同八年には西丸御留守居とある。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 切り傷・火傷の妙薬の事

 

 外出した際や、何らかの差し障りが御座って、血止め等の薬を所持しておらぬ時には、大きな外傷は例外であるが、ちょっとした傷や、また火傷(やけど)を負って心配な折りには、近くに生えておる青菜などを擦って塗布すると即効があるということを、坂部能登守広高殿が語っておられた。

« ギリヤーク尼ヶ崎 / 東日本大震災追悼「祈りの踊り」 | トップページ | 耳嚢 巻之四 館林領にて古き石槨を掘出せし事 »