フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蜥蜴うごく向日葵うごく蜘蛛うごく 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 疝氣胸を責る藥の事 »

2012/09/18

庭の閑繻子の蜥蜴と瑠璃の蜂 畑耕一

庭の閑繻子の蜥蜴と瑠璃の蜂

 

[やぶちゃん注:「閑」は「かん」で閑寂。トカゲの隠喩である「繻子」は「しゆす(しゅす)」と読み、繻子織りの織物のこと。経糸・緯糸が五本以上から構成されるもの。密度が高く地が厚く、柔軟性があって光沢が強い。「瑠璃」は「るり」で、本来は仏教用語。七宝の一。梵語“vairya”の漢音の音写である「吠瑠璃(べいるり)」の略。青色を基調とした宝石。赤・緑・紺・紫色などもあるとされ、ここではハチの隠喩としてその多彩な配色をのそれを想起した方がよい(瑠璃には紫色を帯びた濃い青色を言う瑠璃色という色名、また、宝石や顔料として西洋で古くから用いられてきた鉱物ラピスラズリ(「ラピス」はラテン語の「石」、「ラズリ」はペルシア語の「青」の意。藍青色を呈する数種の鉱物の混合体で、黄鉄鉱が混じっているために磨くと濃い青地に金色の斑点が輝き、別に青金石(せいきんせき)ともいう)の別名でもあるが、これらだと遠目には濃い青にしか見えず、蜂のメタファーとしては今一つ不自然である)。この句、対象のメタファーが面白く効いた畑版『古池や』――閑寂幽邃を色彩で描いた佳品で、何より、声に出して詠んだ際に、その音の絢爛さが、逆に無音に近い情景の静謐さ(音があるとすればそれは蜂の羽音のみである)を引き出す。私はとても好きな句である。]

« 蜥蜴うごく向日葵うごく蜘蛛うごく 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 疝氣胸を責る藥の事 »