フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 靑天を下り來るやんま射垜の兵 畑耕一 | トップページ | 蜻蛉(とんぼう)二句 畑耕一 »

2012/09/28

耳嚢 巻之五 女力量の事

 女力量の事

 

 阿部家の家來何某の妻、ちいさき女成(なる)が、容貌又善きにあらず醜にもあらず。至て力強く、或時夫は番留守(ばんるす)成るに、右留守といへる夜には下女の方へ忍びおのこありしを、風與(ふと)聞付て憎き奴(やつ)かなと、彼(かの)忍び入る所を捕へて膝の下に敷(しき)て、何故(なにゆゑ)夫の留守に忍び入しや、不屆(ふとどき)成る仕方也(なり)と、片手に女を捕へ引居置(ひきすゑおき)ければ、大の男手を合せ詫(わび)ける故、以來右躰(てい)の猥(みだら)成る事あらば活(いき)ては置かじと折檻なして放しけるとぞ。又或日同長屋へ呼(よば)れて行しに、玄關は普請(ふしん)有て勝手口より入らんとせしに、右勝手口に米を三俵積置(つみおき)て通りふさがりし故、あるじの妻出て下男を呼て片付けさせんとせしに、取片付て通りませんと、右米を兩手に引提(ひきさげ)て中を通りしと也(なり)。怪力もあるもの也(なり)と人の語り侍る。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:話柄自体に特に連関を感じさせないが、シークエンスの周縁の人々が驚き呆れる気配は妙に繋がる。

・「阿部家」「卷之四」の修行精心の事の底本鈴木氏注で「阿部家」を安倍能登守(忍城主十万石)の他、同定候補として四家を挙げておられる。

・「奴」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では「ヤツ」とルビを振る。

・「引居置(ひきすゑおき)ければ」の「すゑ」は底本にもルビがある。

・「通りません」(近世語。丁寧の意を表わす助動詞「ます」未然形+推量の助動詞「む」の音変化「ん」の連語)現代語にも残る話し手の意志を丁寧に表わす「ませう(ましょう)」と同じ。なお、「ます」は、「参らす」(「まゐる」+使役の助動詞「す」)が室町期に変化して生じた謙譲・丁寧語の「参らする」が、発音上で「まらする」「まいする」「まっする」などと変化、更に活用・意味の上で「申す」の影響も受けて「ます」となったものであるが、その「ます」の活用も近世初期にあっては初期変化形の「まらする」の影響から「ませ・まし・ます(る)・まする・ますれ・ませ(い)」というサ変型であったものの、近世中期以後は終止形・連体形が「ます」に代わるようになった(以上は主に小学館「日本国語大辞典」に拠った)。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 女強力の事

 

 阿部家の家来何某(なにがし)の妻と申す者……容貌は……ふむ……これ、美しくもないが、また醜くも……御座らぬ。ただ……途轍もない――怪力――で御座る。――

 ある時――その日は夫が勤番に当たって留守で御座った――夜更け、下女が自分の部屋へ好いた男を忍ばせんとしておったを、妻女、ふと、怪しき物音にて聞きつけ、

「憎(にっ)くき奴(きゃつ)かな!」

と、その男――まさに下女の手引きにて、まさに部屋へ忍び入らんとする――そのところで捕え、忽ち、

――ギュッツ!

と、男をば、片膝の下に敷き据え、

「何故(なにゆえ)夫の留守に忍び入ったかッ! 不届きなる所業なりッ!」

と高き大音声(だいおんじょう)にて叫ぶ、その時、

――グイッツ!

と、間髪を入れず、その片手には、

――ベッタ!

と、傍らの下女を捕えて床に引き据えつけて御座った。

 大の男、手をすり合わせて詫びた故、

「……以後、斯くの如き猥らなる所業あらば――そなた――生かしては、おかぬ!」

と低き音(ね)にて告げるや、

――ビッシッ! バッシッ!

と、さんざんに手刀平手に打擲(ちょうちゃく)折檻の上、やっと放免致いた……とのことじゃ……

 また、とある日のことで御座る。……

 かの妻、同じ長屋の夫同僚宅へと呼ばれて参った。

 すると、先方宅の玄関が、これ、修理中で御座ったによって、その脇の勝手口より入らんと致いたところが、その勝手口には、これまた、たまたま米俵が、これ、三俵も積み置かれて行く手を塞いで御座った。主の妻は大急ぎで奥方より走り出でて、俵越しに下男を呼びつけ、片付けさせんと致いたところ、

「妾(わらわ)が片付けて通りましょう。」

と軽くいなすや、その俵三俵(たわらさんびょう)……片手には……何と、二俵!……両手にヒョイ! ヒョヒョイ! と、子猫をそっ首で摘まむかの如(ごと)、引っ下げて、路地の肩へ子供の積み木の体(てい)にて重ねて隙を作る……と……後は……しとやかに家内へと通った……とか。……

 

「……いやはや! これぞ、怪力、いやさ、女強力(ごうりき)というものにて御座るじゃ!」

とは、さる御仁の語った話で御座る。

« 靑天を下り來るやんま射垜の兵 畑耕一 | トップページ | 蜻蛉(とんぼう)二句 畑耕一 »