フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 星みどり聖誕祭の歌のぼる 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之五 明月院 »

2012/09/03

耳嚢 巻之五 三嶋の旅籠屋和歌の事

 三嶋の旅籠屋和歌の事

 

 いつの頃にやありけん、京家(きやうけ)の雜掌(ざつしやう)江戸へ下るとて三嶋の驛に泊りしに、右旅泊の宿、食(めし)湯の拵へすとて殊の外竈(かまど)の煙り籠りていぶせきを、彼雜掌叱り咎めければ、あるじかく詠ておくりし、

  賑しきためしにゆるせしばしばも眞柴の煙り絶ぬ宿りを

彼雜草奇特のよしは答へしが、和歌には疎くありけるや返歌もなかりしとなり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:連関を感じさせない。三つ前の「鄙賤の者倭歌の念願を懸し事」の和歌譚で連関。

・「旅籠屋」は「はたごや」と読む。

・「雜掌」公家や武家に仕えて雑務従事者。

・「賑しきためしにゆるせしばしばも眞柴の煙り絶ぬ宿りを」読み易くすると、

 賑(にぎ)はしきためしに許せしばしばも眞柴(ましば)の煙り絶えぬ宿りを

「ためし」は好個の例。「しばしば」は副詞「頻りに」の意と次に出る「柴」の掛詞で、薪などに用いる雑木である「眞柴」(「眞」は美称の接頭語)も、「増し」(益々繁盛する)を掛けていよう。

――お蔭さまにて、よき旅籠(はたご)として繁盛致しておりまする例しなればこそ、どうか、お許し下されませ……かくもしばしば真柴(しば)焚く、その煙りの絶えぬ、この宿りを――

・「奇特」は「きとく」「きどく」と読み、言行や心懸けなどが優れ、褒めるに値するさまを言う。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 三島宿の旅籠屋主人和歌の事

 

 いつの頃の話で御座ったろう――京の御公家の雑掌(ざっしょう)、主人公事(くじ)がために江戸へ下る途次、三島の駅に泊まったところ――暖簾をくぐったのが宵前なれば――旅籠(はたご)内にては煮炊きやら湯屋(ゆうや)の支度致さんとて、殊の外、竈の煙(けぶ)り、これ、籠って噎せ返るほどの煙たさであった。――それがまた、座敷内まで流れ入ってえも言われぬ有様であったが故――この雑掌、宿の者を叱り飛ばし、厳しい口調で咎め立て致いた。

 すると、それを聴いた宿の亭主が、かく歌を詠んで、雑掌の元へと詫びの文(ふみ)を送った。

  賑しきためしにゆるせしばしばも眞柴の煙り絶ぬ宿りを

 これを読んだかの雑掌――流石に公家の雑掌なればこそ――

「――ようでけて、おじゃる。――」

とは答えたものの……己れ自身は和歌には疎くて御座ったものか……遂に返歌も御座らなんだとのことで『おじゃる』。

« 星みどり聖誕祭の歌のぼる 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之五 明月院 »