フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 斑猫の起つとは光るさびしさよ 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之五 常楽寺 »

2012/09/21

耳嚢 巻之五 頓智にて危難を救し事

 頓智にて危難を救し事

 

 或日若き者兩人連にて、柚(ゆず)の多くなりしを見て、取て家土産(いへづと)にせんと、餘程の大木なれば右柚を盜取るべき工夫をして、壹人は樹の下に立、壹人は右の樹に登りけるが、登る時は右柚を取べきに心奪れて兎角して登り、取ては下へ落し木の元に立て男拾ひて懷へ入しが、最早程よき間(あひだ)下り候樣下より申ければ、心得候とて彼木を下りんとせしが、柚は尖(とげ)ある木故足手を痛め、中々下りがたきとて殊外難儀せしを、下に立たる男飛(とぶ)べき由を教へけれ共、高き木なれば中々眼くるめきて飛(とば)れざる由を答へければ、下の男も込(こま)りて如何(いかが)せんと思ひしが風與(ふと)思付きて、盜人々々と聲を立ければ、上なる男大きに驚き木の上より飛下りける故、手をとりて早々彼場を立去りけるとなり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:連関を感じさせない。洋の東西を問わずある、寓話ではあるが、全体は能狂言を意識しているように思われる。「柚子盗人(ゆずぬすびと)」ととでも名付けたくなる。台詞をそのように意識して訳してみた。

・「柚は尖ある木」双子葉植物綱ミカン目ミカン科ミカン属ユズ Citrus junos Siebold の幹には、恐ろしく鋭く大きな棘が多く突出している。例えばの栽培業者の方のページの写真で確認されたい。なお、学名の命名者は御覧の通り、かのシーボルトである。

・「込りて」底本には右に『(困)』と傍注する。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 頓智にて窮地を救った事

 

 ある若者の二人連れ、柚子のたわわに実って御座る木を見つけた。

 一人が、

「このゆずを取って、家土産(いえずと)と致そう。」

と持ちかけて御座った。

 かなりの大木であったによって、この柚子を盗み取る算段と致いて、ゆず、基い、まず、一人は木の下に立って、今一人は、この木へ攀じ登って御座った。

 登る時は、かの柚子を取ることばかりに気が急(せ)いて御座った故、難儀をものとも致さず、登り遂(おお)せ、取っては下へ落とし、千切っては投げ落といて、木の元(もと)に御座る今ひとりの男は、それらを拾うてはポン、受けてはポンと、懐へと入れて御座った。……

「最早、程よい数なれば、降りて参らるるがよかろう。」

と、木の下に御座った男が申す。

「心得て御座る。」

と、かの木の上の男、木を降りんと致いたが、柚子はこれ、恐ろしき棘の多き木で御座るによって、手足を、したたかに痛めたによって、

「……なかなかに、降り難くてある……」

と、殊の外、難儀致いて御座った故、木の元へ御座った男は、

「飛び降るるがよかろう。」

と教えて御座った。ところが、

「……高き木なれば……なかなかに、目の眩(くら)めきて、飛べざる……」

とて、答えたによって、木の元の男も困り果て、

「如何(いかが)はせん。」

と思うて御座ったが、ここに咄嗟の思いつきにて、

「――盗人(ぬすっとう)!――盗人じゃあぁ!」

と大きに声を立てて御座ったによって、木の上なる男は、これ、

「すはッ!」

と、吃驚仰天――気が付けば天狗の如、宙を舞って――飛び降りて御座った。

 されば二人……手に手を取って早々に……かの地をば……あっ……去りにけり……去りに、けり……

« 斑猫の起つとは光るさびしさよ 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之五 常楽寺 »