フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「20世紀少年」読了記念2 僕の小学校5年生の時の小説「恐怖の宇宙細菌」公開 | トップページ | 耳嚢 巻之五 在方の者心得違に人の害を引出さんとせし事 »

2012/09/23

「20世紀少年」読了記念3 僕の小学校5年生の時の絵になる――空間海陸両用タイムマシン戦車ブルー・スター隊所属「タイム。ジャガー」完全図解――公開 又は 僕の「反陽子ばくだん」

原作の「20世紀少年」の最後には、「反陽子ばくだん」が重要なアイテムになるね――実際には勿論、ただの(炸裂すれば「ただの」では済まないが)既知の核兵器のようだが――本文でも示されるように、これは当時の人気アニメの「スーパージェッター」や「ワンダースリー」のアイテムだった……

さて……こんなものまで父母は残して呉れていた……

これで僕がイッパシに「20世紀少年」を語る資格があることを証明しよう――
これはそれこそ殺されずに東京へのゲートを抜けられる、あの「通行証」だ――

・ケント紙に鉛筆描き。一部に赤と青の鉛筆及び赤と青のボールペンを用いている。三箇所に裏から薄い紙を貼って先頭部のジェット・モグラみたような部分及び、その上部後方の操縦室、前部後方の動力部(?)の図解がなされている(が、かなりいい加減。かなり漢字がおかしく、「砲」を「抱」と悉く誤っている)。1の画像は読み易くするために補正した。2の図解部を開いたものが原画のフラットな画像である。


Jg


Jg2

さて――左手の「タイム,ジャガー」性能仕様の左から二列目を見て戴こう――
「全長300メートル」の下だ――
ほら――あったよ――

――はんようしばくだん――だ……おまけに僕は原爆2個と水爆1個も持っている……

……それにしても……面白いね……左下をごらんよ……

「つくるとしたら?」――とあって、その最後に

その実現「かのうせい」は……

「99%とだめ」……

「と」と送っているのが可愛いね……

でも――1%は実現する可能性を信じていたのだね――ター坊よ……

「ター坊」――僕の名前は「タダシ」と読む――

……実は「ター坊」こそが「ともだち」の正体だったのかも――知れない、な――

« 「20世紀少年」読了記念2 僕の小学校5年生の時の小説「恐怖の宇宙細菌」公開 | トップページ | 耳嚢 巻之五 在方の者心得違に人の害を引出さんとせし事 »