フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(6) | トップページ | 向日葵のねむたげ雲は生きて來る 畑耕一 »

2012/10/18

耳嚢 巻之五 鼻血を止る妙藥の事

 鼻血を止る妙藥の事

 

 靑じといへる鳥の腹を割(さき)て、人參を一匁入て黑燒になし、鼻血出る時呑み又は付て妙也。鼻血のしたゝりて下へ落(おち)しへ、右黑燒をふりかけても速(すみやか)に止るとかや。誠に奇法と言べし。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:感じさせない。民間療法(しかもかなり怪しい系の)シリーズの一。本条は岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では巻之五の掉尾にある。

・「鼻血を止る妙藥」底本の鈴木氏注に『黒焼とか灰がよいというののが一つのセオリーだったらし』いとして、「和漢三才図会」の例を訳して揚げる。ここでは「和漢三才図会」の巻十二の「鼻」の項の掉尾にあるそれの原文と私の書き下したものを示す。
〇原文
衂〔音忸〕 鼻出血也 不止者亂髮燒灰吹之立止永不發男用女髮婦用男髮也
 凡鼻痛者是陽明經風熱也
〇やぶちゃんの書き下し出し文
衂(はなぢ)〔音忸〕 鼻より血を出だすなり。止まざれば、亂髮、灰に燒きて之を吹けば、立処に止みて永く發せず。男は女髮を用ゐ、婦には男髮を用ふるなり。
  凡そ鼻痛は、是れ、陽明經の風熱なり。
「忸」の音は「ジク・ニク」。「処」は訓点にある。この場合はもっと怪しく異性の髪を焼いてただ吹けば(患部である鼻に塗布したりするのでもなんでもない)たちどころにに止まるとある。この不思議な療法を、少なくとも筆者の寺島良安は最後の「風熱」であることに求めているような書き方になっている。「風熱」とは体内の熱が過剰に籠っている状態を言うらしい。分かったような分からないような……。
・「靑じ」スズメ目スズメ亜目ホオジロ科ホオジロ属アオジ Emberiza spodocephala。漢字表記は「青鵐・蒿鵐・蒿雀」。下面が黄色い羽毛で覆われ、喉も黄色い。オスの成鳥は頭部が緑がかった暗灰色で覆われ、目と嘴の周りが黒い。和名にある「アオ」は、緑も含めた古い意味での青(「鵐」は「巫鳥」で「しとと」「しとど」と読み、このアオジやホオジロなどの小鳥を総称する古名であった。その「し」が残って濁音化したものか)色の意で、オスの色彩に由来する。画像は参考にしたウィキの「アオジ」で。

・「一匁」三・七五六五二グラム。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 鼻血を止める妙薬の事

 

 青鵐(あおじ)という小鳥の腹を裂いて、人参を一匁入れて黒焼きに致いたものを、鼻血が出た折り、飲むか、鼻孔につけるかすれば、これ、ぴたりと止まること、妙なり――鼻血の滴って下へ落ちた血溜まりへ、この黒焼きを振りかけるだけにても、これ、たちどころに止まる――とか。……さても、そこまでいくと、これはもう、まっこと、奇法――奇(く)しき法と申すより、奇っ怪なる妖しき法――と言うべきではあろう。

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(6) | トップページ | 向日葵のねむたげ雲は生きて來る 畑耕一 »