フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (一)逃げること~(2) 了 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 電子テクスト化始動 »

2012/10/08

耳嚢 巻之五 日野資枝卿歌の事

 日野資枝卿歌の事

 

 或人の許に、日野大納言資枝(すけき)卿の自筆の歌ありしが、

  雲霧は風にまかせて月ひとり心高くや空にすむらむ

面白き歌なれば爰に記しぬ。資枝卿の詠歌は何れも趣向面白き事と、人の語りし。一二首をも爰に記しぬ。

   五月雨 きのふけふ雲には風の添ひながら日影も洩らぬ五月雨の空

   納 涼 歸りての宿のあつさの思はれて更るもしらず遊ぶ川面

 

□やぶちゃん注

○前項連関:和歌技芸譚二連発。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版には、最後に以下のように続く(漢字を正字化、読みを歴史仮名遣表記としたが、本文の「思われて」はママとした)。

 

或人曰(いはく)、

  かきくらし降(ふる)日は風の添ながら払ふともなき五月雨の空

  歸りての宿の暑さのおもわれて夜深き程にすゞむ川面

 

これは前二句の別伝異型ということであろう。

・「日野大納言資枝」日野資枝(ひのすけき 元文二(一七三七)年~享和元(一八〇一)年)は公家日野家第三十六代当主。烏丸光栄末子であったが日野資時の跡を継いだ。後桜町天皇に子資矩(すけのり)とともに和歌をもって仕えた。優れた歌人として塙保己一らに和歌伝授、「和歌秘説」を著している。また、画才にも優れて当代第一の文化人として知られ、本居宣長に金銭援助などもしている(ウィキの「日野資枝」に拠る)。

・「更る」は「ふくる」と訓じていよう(カリフォルニア大学バークレー校版も「ふくる」とルビする)。

・「川面」は「かわをも」と訓じているか。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 日野資枝卿の歌の事

 

 ある人の許に、日野大納言資枝卿の自筆の歌が御座ったが、

  雲霧は風にまかせて月ひとり心高くや空にすむらむ

とあって、これ、実に面白い歌で御座れば、ここに記しおくことと致す。資枝卿の詠歌は、何れも趣向、これ、面白しと申す。人の教えて呉れた一、二首をもここに記しおく。

 

   五月雨 きのふけふ雲には風の添ひながら日影も洩らぬ五月雨の空

 

   納 涼 歸りての宿のあつさの思はれて更るもしらず遊ぶ川面

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (一)逃げること~(2) 了 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 電子テクスト化始動 »