フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 牡丹三句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 五大堂/梶原屋敷/馬冷場/持氏屋敷/佐々木屋敷 »

2012/10/14

耳嚢 巻之五 幽靈なきとも難申事

 幽靈なきとも難申事

 

 予が許へ來る栗原何某といへる者、小日向(こひなた)に住居して近隣の御旗本へ常に立入(たちい)りしが、分て懇意に奧迄行(ゆき)しが、壹人の子息ありて其年五歳に成しが、至て愛らしき生れ故、栗原甚だ寵して行通(ゆきかよ)ふ時は土産など携へ至りしが、暫く音信(おとづれ)ざりし所、右屋敷今晩は是非に來(きたる)べしと申越(まうしこし)ける故、玄關より上(あが)りて勝手の方廊下へ行しに、彼小兒例の通り出て栗原が袖を引勝手の方へ行しに、勝手の方に何かしめやかに屏風など立(たて)ありし故、病人にてもありしやと何心なく通りしに、主人出て兼て不便がりし倅(せがれ)五歳に成りしが、疱瘡(はうさう)にて相果しと語られければ、驚(おどろき)しのみにもあらずこわけ立しと、直に右栗原語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:似非幽霊から真正幽霊へ幽霊繋がりで、三つ前の「天野勘左衞門方古鏡の事」が「小日向」で舞台が連関。先の「幽霊」話柄は私には今一つ後味の悪いものであったが、逆にこの子供の霊は(話者が怖がってはいるが)何か哀しくも、しみじみとする。私は子どもの霊が好きだ。

・「幸十郎」「卷四」の「疱瘡神狆に恐れし事」の条に『軍書を讀て世の中を咄し歩行(ありく)栗原幸十郎と言る浪人』と初出する根岸のニュース・ソースと同一人物であろう。しかも語りの話柄が疱瘡(天然痘)でも連関している。本巻でも既に「麩踏萬引を見出す事」「在方の者心得違に人の害を引出さんとせし事」に登場している。

・「疱瘡」「卷之三」の高利を借すもの殘忍なる事の「疱瘡」の私の注を参照。

・「こわけ立し」「こわげ立ちし」で、慄っとして立ち竦むこと。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 幽霊など実在しないとも申し難き事

 

 私の元へしばしば参る栗原何某という者、これ、小日向(こひなた)に住まいがあり、近隣の御旗本の屋敷へも出入り致し、分けても殊に奥向きへも立ち入って、御当主の御家族とも懇意に致いて御座った。……

 

……その御当主には御子息があられ、当年とって五歳になって御座ったが、至って愛らしき姿なれば、我らも、よう、可愛がりましての、行き通う折り折りには、きっと、この子(こお)がために、土産なんど携えて参りました。……

……我ら、こちら様とはここ暫くの間、御無沙汰致いておりましたところが、ある日のこと、かの御屋敷より、

「今晩は是非来られたし。」

との仰せが寄越されました故、お訪ね申して、玄関よりお声掛け致いた上、勝手知ったる御屋敷で御座いましたから、そのまま御勝手方への廊下を歩いておりました。

……と……

……かの子(こお)が何処からとものう、走り出でて参り、我らの袖を引きながら、頻りに御勝手方へと引き連れて参ります。引かれるままに勝手方の入口まで参りましたところ――子(こお)は、そのままそこへ走り入って姿が見えずなりましたが――御勝手方は、何やらん、しめやかに屏風などが引き廻して御座って、しーんと静まっておりました故、

『……これは、誰ぞ、病人にても御座るものか……』

と思うておりました、その折り、奥方より御主人が出でて参られ、

「……栗原殿……かねてより貴殿の可愛がって下された、かの倅……五歳にて御座ったが……疱瘡(ほうそう)にて……これ……相い果て申した……」

と語られましたればこそ……

 

「……我ら……驚きしのみならず……正直、怖気立(おぞけだ)つて御座いました……」

とは、直(じか)に、かの栗原の語った話で御座る。

« 牡丹三句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 五大堂/梶原屋敷/馬冷場/持氏屋敷/佐々木屋敷 »