フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(8)/了 | トップページ | 耳嚢 卷之五 HP版一括版 中途公開始動 »

2012/10/20

鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 梅谷/武田屋敷

   梅  谷

海藏寺へ行道也。尻引櫓ノ東ノ畠ヲ云。或云、ツヾキノ里ニアリトゾ。今按ニ夫木集ニツヾキノ原、相摸トアリ。

 タカ里ニツヽキノ原ノ夕霞 姻モ見エス宿ハワカマシ 從二位家隆

此地ノ事ヲヨメルカ。ツヾキノ里卜云所、不分明。

[やぶちゃん注:私はこの地名に何か麗しい響きを覚えてならない。「新編鎌倉志 卷之四」では、

◯梅谷〔附綴喜の里〕 梅谷(ムメガヤツ)は、假粧坂(ケワヒザカ)の下の北の谷なり。此邊を綴喜里(ツヾキノサト)と云ふ。【夫木集】に、綴喜原(ツヾキノハラ)を相模の名所として、家隆の歌あり。「誰(タ)が里につゞきの原の夕霞、烟も見へず宿はわかまし」と。此の地を詠るならん。

とするだけで、ここは鎌倉一」の「地名」の記載の方が考証を含んで詳細であるから、特別に以下に私の注とともに転載する。

綴喜(ツヾキノ)里 假粧下の北の谷をいふと。【夫木集】に、相模の名所とせしゆへに此里なりと土人等は傳えければ、【類字】に綴喜の里山城綴喜郡とあり。又【歌林】には綴喜里、山城・武藏に同名ありと載たり。【名寄松葉】には載せず。按ずるに、武藏の都筑は同名なりといへども、文字も違ひ、鎌倉よりは東に當り三里半許、山城に綴喜郡の稱名に綴喜と【和名抄】にも見たれば、【類字】の載る所當れるならん。茲にいふべきならねど後の考へに出す。

【夫木】

誰さとにつつきの原の夕霞、烟も見へすやとはわかまし[家隆卿]

【新拾遺】

やかて又つつきの里にかきくれて、遠も過ぬ夕立の空[爲世卿]

[やぶちゃん注:「假粧下の北の谷」大きな扇ヶ谷の西、化粧坂に登る小さな谷に当たるが、現在では、この「綴喜の里」という呼称は廃れているように思われる。美しくいい字の地名なのに、惜しい。

「【類字】」「色葉字類抄」(平安時代末期に成立した橘忠兼編の古辞書)のことか。本書冒頭の引用書目には「假名字類抄」とあるが、こういう書名はない。

「綴喜郡」は「つづきのこおり」と読む。山城国に属した郡で、現在も京都府の郡名として存続している。

「【歌林】」「類聚歌林」(伝山上憶良編著の奈良時代前期の歌集で正倉院文書)のことか。本書冒頭の引用書目には所載しない。

「武藏の都筑」現在の横浜市緑区・青葉区・都筑区の全域と瀬谷区・旭区・保土ケ谷区・港北区・川崎市麻生区の各一部を含む旧武蔵国の郡名。

「【名寄松葉】」「松葉和歌集」(江戸前期の内海宗恵編になる歌枕名寄なよせの和歌集)のことか。本書冒頭の引用書目には所載しない。この引用書目ははっきり言って杜撰である。

「家隆卿」藤原家隆(保元三(一一五八)年~嘉禎三(一二三七)年)。鎌倉初期の公卿・歌人。歌の下の句「やとはわかまし」は、よく意味が分からない。宿は見つかるだろうか、の意の「宿は分かまし」か。識者の御教授を乞う。

「爲世卿」二条(藤原)為世(ためよ 建長二(一二五〇)年~暦応元・延元三(一三三八)年)。鎌倉から南北朝期の公卿・歌人。上句の「かきくれて」は暗くなる、曇るの意。心情としての、心が哀しみに沈むの意をも、余韻とするか。]

   武田屋敷
 梅谷ノ少シ北ノ畠ナリ。

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(8)/了 | トップページ | 耳嚢 卷之五 HP版一括版 中途公開始動 »