フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 覚園寺 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 三 防ぐこと~(7)/了 »

2012/11/26

北條九代記 賴朝卿奥入付泰衡滅亡 パート6〈阿津樫山攻防戦Ⅴ〉

その中に金剛甥當が子息下須房(かすばう)太郎秀方(ひでかた)生年十三歳になりけるが聞ゆる大力の兵にて、只一人蹈止(ふみとどま)り、押掛(おしかゝ)る寄手に馳合(はせあ)うて、當るを幸(さいはひ)に切(きり)ければ、我は甲(かぶと)の眞額(まつかう)を喉(のんど)まで打割り、或は鎧をかけて胴切にし、膝を薙伏(なぎふせ)せ、首を打ち落す。孟賁(まうほん)が勢を以て趙雲(てううん)が膽(たん)を張る。寄手大勢なりといへども、秀方一人に切立てられ、辟易して見えし所に、小山行光が郎等藤五郎行長進寄(すゝみよ)りてむずと組み、その容顔(ようがん)の美麗にして幼稚なるを見て、強力(がうりき)の年にも似ざるを感じながら、良(やゝ)久しく組合(くみあ)うて、遂に是を討取りたり。金剛別當秀綱は目の前に子を討たせて、なじかは生きてかひあらんと獅子奮迅の怒(いかり)をなし、敵を撰ばず切て廻る。既に氣疲(きつか)れ、力撓(たわ)みて、小山七郎朝光に組まれて、遂に首をぞかかれける。

[やぶちゃん注:〈阿津樫山攻防戦Ⅴ〉

「吾妻鏡」文治五(一一八九)年八月十日の条の続き(後は以下の回で示す)。

〇原文

十日丁酉。(前略)

其中金剛別當子息下須房太郎秀方。〔年十三。〕殘留防戰。駕黑駮馬。敵向髦陣。其氣色掲焉也。工藤小次郎行光欲馳並之剋。行光郎從藤五男。相隔而取合于秀方。此間見顏色。幼稚者也。雖問姓名。敢不發詞。然而一人留之條。稱有子細。誅之畢。強力之甚不似若少。相爭之處。對揚良久云々。(後略)

〇やぶちゃんの書き下し文

十日丁酉。(前略)

其の中に金剛別當が子息下須房太郎秀方〔年十三。〕殘り留まりて防戰す。黑駮(くろぶち)の馬に駕し、敵に髦(たてがみ)を向けて陣す。其の氣色、掲焉(けちえん)なり。工藤小次郎行光、馳せ並ばんと欲するの剋(きざみ)、行光が郎從藤五男、相ひ隔たりて秀方に取り合ふ。此の間(あひだ)、顏色を見れば、幼稚の者なり。姓名を問ふと雖も、敢へて詞を發せず。然れども、一人留まるの條、子細有りと稱して之を誅し畢んぬ。強力の甚しきこと若少に似ず、相ひ爭の處、對揚すること良(やや)久しと云々。(後略)

・「下須房太郎秀方」諸資料の読みでは「かすぼう」とも「かすほ」ともともある。「かすふさ」でもよさそうである。――puer eternus――プエル・エテルヌス――私としてはこれ、独立して示してやりたかったのである。

・「其の氣色、掲焉なり」「掲焉」は既出。その気迫たるや、一目瞭然である、の意。

・「藤五男」ある資料の読みでは「とうごおとこ」とあるが、私は「とうごだん」と読みたい。

・「子細有り」相応の覚悟を持った名将の子息ならん、と。

・「對揚すること」対等に組み戦うこと。]

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 覚園寺 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 三 防ぐこと~(7)/了 »