フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一言芳談 十八 | トップページ | 冬ぬくし硝子の泡も影となる 畑耕一 »

2012/11/23

耳嚢 巻之五 貴賤子を思ふ深情の事

 貴賤子を思ふ深情の事

 老職を勤(つとめ)給ふ伊豆守信明公、寛政八年、公命を請(こふ)て日光へ行(ゆき)て事を行ひ給ふを、母儀の送るとて詠(よみ)給ふよし。

  思ふぞよその黑髮の山越へて誠の道を踏迷ふなと

 

□やぶちゃん注

○前項連関:和歌物語二連発。

・「伊豆守信明」宝暦一三(一七六三)年)~文化一四(一八一七)年)三河吉田藩第四藩主。所謂、寛政の遺老。寛政五(一七九三)年に定信が老中を辞職すると、老中首座として幕政を主導、享和三(一八〇三)年十二月に一旦、老中を辞職するも、二年半年後の文化三(一八〇六)年五月には老中に復帰、死去するまで幕政を牛耳った。寛政八(一七九六)年は正しく未だ現役老中時代、老中という名に騙されてはいけない! この時、彼は満三十三歳である。

・「思ふぞよその黑髮の山越へて誠の道を踏迷ふなと」

  思ふぞよその黑髮の山越へて誠の道を踏み迷ふなと

「黑髮の山」日光の男体山。昔より日光山・黒髪山・二荒(ふたら)山などの異称を持つ。とは黒髪山は全山緑樹が覆い繁っていることから、二荒山は観音浄土の補陀洛(梵語フダラク)に基づく。「黑髮の山」は黒髪山と未だ壮年の信明を掛けていよう。歌意は、

――こころから願っておりますぞよ……その未だ黒髪の若気なればこそ、黒髪山の山中にて本道を踏み迷うな、日光山のお勤めにて、誠(まこと)の御政道を踏み迷うな、と――

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 貴賤の区別なく子を思う深情に変わりのなきこと事

 

 老中職を勤められた伊豆守信明殿が、寛政八年、公命を受けて日光へ赴任なさるること相い成った。

 その際、御母堂がお見送りをなさるとて、その折り、お詠になられたという歌。

 

  思ふぞよその黑髪の山越へて誠の道を踏迷ふなと

« 一言芳談 十八 | トップページ | 冬ぬくし硝子の泡も影となる 畑耕一 »