フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一言芳談 六 | トップページ | 北條九代記 義經の妾白拍子靜 »

2012/11/11

耳嚢 巻之五 怪尼詠歌の事

 怪尼詠歌の事

 

 前文に書(かき)し藤田元壽と親しき、右怪尼の事を元壽へ尋ければ、右元壽が許へ立寄りしは夕立の雨宿りなりしが、其節雷のつよかりしに、

  なるはいかに浮世の夢はさめもせでわせだの里に秋風ぞ吹

と詠(よみ)しとなり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:辞世の和歌から尼の和歌で連関。既出の「怪尼奇談の事」及び「陰凝て衰へるといふ事」の続きで、医師藤田元寿による、彼の出逢った早稲田に住まう元吉原遊女であった才媛の尼の後日談。

・「なるはいかに浮世の夢はさめもせでわせだの里に秋風ぞ吹」

  鳴るは如何に浮世の夢は醒めもせで早稻田の里に秋風ぞ吹く

「なる」「早稲田」「秋」は縁語で、「なる」は雷の「鳴る」、早稲田の稲穂に実の「稔(な)る」を掛けていよう。浮世の夢の果て秋風の吹き始めた景色は、そのまま尼の老いを暗示させる。

――雷神さま……夏過ぎてどうしてかくも激しく打ち鳴らしなされます?……そのような音にても……憂き世の悪しき夢なんどは、これ、一向に醒めも致しませぬに……かくも何故喧しくお鳴りになられます?……早稲田の里は、稲もとうに稔(な)って……今はもう、秋風さえ、吹いておりますものを……

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 数奇の尼詠歌の事

 

 本巻で既に記した藤田元寿、彼と親しい者が、かの話に現われた、あの数奇(すうき)なる尼のことを更に元寿に尋ねたところ――かの早稲田に庵を結んでおる尼が、初めて元寿の元に立ち寄ったは、最初の話の通り、夕立に降られての雨宿りが切っ掛けで御座ったのだが――その折り、雷が殊の外、ひどう御座ったところ、

 

  なるはいかに浮世の夢はさめもせでわせだの里に秋風ぞ吹

 

と、かの尼、詠じて御座ったと申す。

« 一言芳談 六 | トップページ | 北條九代記 義經の妾白拍子靜 »