フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之五 關羽の像奇談の事 | トップページ | 北條九代記 賴朝卿奥入付泰衡滅亡 パート5〈阿津樫山攻防戦Ⅳ〉 »

2012/11/25

鎌倉日記(德川光圀歴覽記)  荏柄天神/天台山/大楽寺

   荏柄天神〔源順ガ和名鈔ニ荏草(エガラ)ト有リ〕

 法華堂ノ東也。十九貫二百文ノ御朱印アリ。僧云。賴朝以前ヨリ有社也。然ドモ祝融ノ災度々ニシテ記録傳ハラズ。文獻徴トスべキナシト云。別當ヲ一乘院ト云。眞言宗ニテ京洛ノ東寺ノ末ナリ。菅相公ノ束帶ノ木像アリ。作者知レズ。足腰ヤケフスモリテ有。五臟六腑ヲ作入トナリ。ロノ内ニ鈴ヲカケテ舌トシ、頭二十一面觀音ヲ入ト云。兩脇ノ小宮ハ、紅梅殿・老松社也。

[やぶちゃん注:「祝融の災」火災。中国で火を司る神を祝融と呼ぶことに基づく。「回禄」も同じ。]

 神寶

  尊氏自畫自讚ノ地藏像  一幅

[やぶちゃん注:次の讃の解説は底本では全体が二字下げ。以下の解説も同じ(以下略す)。]

讚曰、爲天化藏主仁山書、文和四年六月六日、善根無所窮 利濟徧沙界 令我畫尊容 夢中有感通。朱印及ビスへ判アリ。

[やぶちゃん注:「文和四年」西暦一三五五年。]

  天神自畫像       一幅

  天神筆瑜伽論      二卷

長二寸五分、廿五字充アリ。此經ハ一部百卷ノ物ナリ。シカルヲ十卷ニ書ツヾメラレケル其内ノ二卷ナリ。殘ハ極樂寺ニ三卷、金澤ノ稱名寺三卷、高野山ノ金剛三味院三卷、合テ七卷ハ今猶存セリ。其外三卷ハ有所シレズト別當一乘院語キ。

  天神名號              一幅

義持將軍ノ自筆也。一行物也。

南謨天滿大自在※神顯山朱印カクノ如シ、スへ判モ有。

[やぶちゃん注:「※」=(くさかんむり)+「曳」。「朱印」は横書き。「顯山」(足利義持の法号)の朱印が押されていることを示す。

「スへ判」花押。]

  緣起                三卷

畫ハ土佐ガ筆也。書ハ行能カト云。當社ノ建立ノ事ハ不見(見えず)。只天神ノ事ヲシルセリ。

  扇ニ古歌八首  台德公ノ自筆也卜云。此内二首ハハシ書アリ。

[やぶちゃん注:「台德公」徳川秀忠。]

  太刀                一腰

正宗、銘ナシ。長一尺三寸六分、ハヾ二寸四分、サシ表ニハ梅、裏ニハ天蓋不動ノ梵字、倶利伽羅不動ヲ彫ル。

大進坊ホリモノ也。

  笄 〔後藤祐乘彫物、梅、長九寸五分〕一本

  小刀〔嶋田助宗作〕         一本

  柄〔後藤乘眞彫物、梅、黑塗ノ鞘、梅ノ蒔繪也〕一本

 

    天 台 山

 覺園寺ノ上ノ山也。覺園寺へ行道ヨリ見ユル。

[やぶちゃん注:何故か、これと次の「大樂寺」の標題は四字下げとなっている。]

 

    大 樂 寺

 覺園寺ノ入口左ノ方ニ有。泉涌寺ノ末ニテ禪律也。覺園ノ寺内ナリ。本尊ヲ試ミノ湯ノ不動ト云。金佛也。願行ノ作ト云。大山ノ不動ヲ鑄ン爲ニ先試ニ鑄タル佛ナリトゾ。愛染、運慶作也。藥師、願行作ナリ。

« 耳嚢 巻之五 關羽の像奇談の事 | トップページ | 北條九代記 賴朝卿奥入付泰衡滅亡 パート5〈阿津樫山攻防戦Ⅳ〉 »