フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之五 老病記念目出度皈し候事 | トップページ | カテゴリ「一言芳談」始動/ 一 »

2012/11/08

鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 鶴岡八幡宮~(2)

 一永和年遍照院僧正一〔云云〕〔昔ハ僧正ニモ任ジタルコトヲ知ベル。〕

[やぶちゃん注:これは永和五(天授五年/康暦元・永和五(一三七九)年)年閏四月十三日のクレジットを持つ「鎌倉府政所執事〔二階堂行詮〕奉書」(「鎌倉市史 資料編第一」の四二)のことを指している。以下に示す。

 

安房國岩井不入計半分〔号大方分、〕事爲鸖岡八幡宮本地供々※、所被預置也、任例可有其沙汰之狀、依仰執達如件、

   永和五年閏四月十三日  沙 弥(花押)

    遍照院僧正御房

 

「※」=「米」+「斤」。「料」に同じい。この文書は鎌倉御所足利氏満が安房国平群(へぐり)郡岩井にある不入斗(いりやまず:本来は「不入斗」は一村として貢粗を納めるまでに至らない小集落をいうが、ここでは地名として意識されているようである。現在の千葉県富山町北部不入斗。旧北条氏領。)の半分を鶴岡八幡宮本地供々料(本地仏の御供料所)として遍照院賴印僧正に預け置くことを言っている。その後の文書類によれば、この八ヶ月後の十二月二十三日には頼印を管領として、その管理を委ねている。

 「知ベル」は感覚的なものだが、「知(ル)ベシ」の誤りではなかろうか? ここで光圀は、僧正にも土地の管領(職)を公に文書で任ずることが行われたということが分かる、と言っているのではあるまいか? 識者の御教授を乞う。]



ともかくも、文書を一通宛調べて注するのは時間がかかる。牛歩以下ならんことは御寛恕願いたい。

« 耳嚢 巻之五 老病記念目出度皈し候事 | トップページ | カテゴリ「一言芳談」始動/ 一 »