フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 短夜二句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 鶴岡八幡宮~(2) »

2012/11/08

耳嚢 巻之五 老病記念目出度皈し候事

 老病記念目出度皈し候事

 

 予が許へ來る齋藤友益といへる鍼治(しんぢ)の伯母は、紺屋町(こんやちやう)邊の桶屋の母にて七十六七にも成(なり)しが、寛政七年の秋より大病にて起居自由ならず、諸醫も匕(さじ)を捨(すて)、其身も此度は命終(みやうじゆう)ならんと覺悟して、家内は勿論友益などへも小袖其外記念(かたみ)として配分なし、其外心安き男女へも衣類調度針箱櫛箱迄わかち與へ、其身は着し候品死後の支度のみ殘して死期(しご)を待しに、はからずも三十日餘の絶食も食事抔少しづゝ食して、年の暮に全快なしぬ。今は丈夫にて隨分友益が許へも來りぬ。されど餘りに記念分けして甚(はなはだ)其(その)砌(みぎり)こまりける故、友益など貰ひし品へ肴(さかな)を添て返しける。餘り可笑しき事也と語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:特に感じさせない。しかし笑話乍ら、如何にも清々しい心地良い話ではないか。

・「老病記念目出度皈し候事」は「らうびやうめでたくかたみかへしさふらふこと」と読む。「皈」は「返」に同じい。

・「齋藤友益」この鍼師は本巻の「出家のかたり田舍人を欺し事」に既出。

・「紺屋町」現在の東京都千代田区北東部に位置する神田紺屋町。この町は本話柄当時には既に隣接する神田北乗物町を挟んで南と北の二箇所に分かれて存在した(現在も同じで南部・北部と呼称する)。但し、両者の隔離距離は凡そ五〇メートル程度しかない。参照したウィキの「神田紺屋町」によれば、本来は神田北乗物町の南部地区にのみあった神田紺屋町住民に対し、享保四(一七一九)年、町の防火を目的とする火除け政策の中で幕府の命令によって一部住民が神田北乗物町の北部に強制移住させられたことに由来する、とある。

・「匕」は「匙」に同じい。因みに、「匕」は昔の短剣の首の部分が「匕(さじ)」に似ていたことから短剣を匕首(あいくち)と言うようになり、「匕」は現在では専らその熟語にしか現れない。また「匕」は「かひ」とも当て読みするが、これは貝殻の意で、昔、貝殻を飯や薬を掬う杓文字(しゃもじ)として用いたことに由来する。言うまでもないが「匕を捨」は「匙を投げる」で、本話のシーンでは原義通り、薬の調合用の匙を投げ出す意から、医師がこれ以上は療法がないとして病人を見放すことを指す。後に転じて救済や解決の見込みが全くないと判断して中途で手を引く、の意に用いるようになった(現在、何もしないうちに最初から見切ったり、面倒だからと言って途中で放り出す、の意で用いるケースが見られるが、これはしばしば私が授業で述べた通り、明らかな誤用である。手を尽した果ての放棄にしか用いるべきではないのである。それが医というものである)。

・「寛政七年」本話の執筆推定下限は寛政九(一七九七)年春であるから、一年余前の新しい出来事である。

・「肴」本来は酒を飲む際に添えて食べる物、つまみ、転じて酒宴に添える歌舞音曲の意であるが、ここは後者からさらに転じた、ちょっとした日常必需品の食物や調度の品々といった意であろう。

・「三十日餘の絶食も」これは、修験道や即身成仏の修行とまでは申さぬまでも、極楽往生を願って身を潔斎する、一種の穀断ちをしたことを指すものであろう。水は勿論、木の実や草菜類は食していたものであろう(言わずもがなであるが、でなけでれば三十日に至る前に当然餓死してしまう)。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 老病の者の形見を目出度くも返した事

 

 私の元へ、しばしば参る斉藤友益と申す鍼治師の伯母なるものは、紺屋町辺の桶屋の母にして、もう七十六、七歳にもなるものなるが、寛政七年の秋より大病を患って起居も自由ならず、多くの医師に診て貰(もろ)うたものの、誰もが匙を投げ、本人も、

「……この度は……最早……命終(みょうじゅう)尽きた……」

と覚悟致いて――家族へは勿論のこと、甥の友益などへも、小袖やらその外の物を、これ、形見として配り分け、その外、親しき男女へも、衣類一式・調度一式、針箱から櫛箱に至るまで悉く分かち与え、その身は、只今着て御座る衣服と寝具、そうして経帷子(きょうかたびら)なんどの死後の支度ばかりを残して臨終の時をひたすら待って御座った。……

 ところが……図らずも妄執雑念を離れ、身を軽く致いての極楽往生を願って……三十日に亙る穀断ちの後(のち)……これ――二月前は粥さえも喉(のんど)を通らなんだものが――少しずつ、食事なんどをも致すように相い成り……何と、その年の暮れには――すっきりくっきり全快致いて御座った。

 今も如何にも丈夫にて、友益が元へもしっきりなしに徒歩立(かちだ)ちにて訪ね来たるほどになったと申す。

 されど――あまりに品々をすっきりあっさり形見分け致いたがため――当座の暮らしにも、これ、甚だ困(こう)じておるという体(てい)たらくと相い成って御座った故――友益なんどは、貰(もろ)うた形見の品に、これ、ちょいとした色を添えて、返したとのことで御座る。

 

「……いやはや……あまりに可笑しきことにては、御座いまするが……」

と、これは友益自身の語った話で御座る。

« 短夜二句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 鶴岡八幡宮~(2) »