フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 義經の妾白拍子靜 | トップページ | 一言芳談 七 »

2012/11/12

耳嚢 巻之五 死相を見るは心法の事

 死相を見るは心法の事

 

 又彼尼人相をよく見しとて、元壽も相學を心懸し故暫く右の物語をなせしに、或日老婦の相を見て、御身は心のまゝに好きこのむものを食し心に叶ふ事のみなし給へ、來年のいつ頃は命終(みやうじゆう)なんと言しが、果してしるしありしを聞(きき)、元壽も人の死生時日(ししやうじじつ)を相學にて計る事は、相書(さうしよ)にはあれど知れ難き事也、御身如何して知るやと尋ねて、その奧意(あうい)を聞(きか)んと切(せち)に尋ければ、是は我心に思ふ事、傳授口達(こうたつ)なしたりとも用に立難(たちがた)し、自然と我心に悟道なしければ、傳授も成(なり)がたしとて分れぬ。度々彼(かの)尼が庵を尋求(たづねもとめ)しも、右相學の奧祕(あふひ)を聞(きか)んとの事也しと、元壽物語りける由。奇尼もあるものなるかな。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:数奇の、いや、実はやはり奇なる尼の物語の続。通しで四話目となる。藤田元寿が何故、この尼に興味を持ったかという、その真相がここで明らかにされる。根岸もこれには驚いた(従ってこの尼の能力を信じた)ようで、珍しく文末に詠嘆の終助詞「かな」が用いられている。

・「心法」とは本来、心を修練する法、精神修養法を言うが、ここは一種、生まれつき具わっている心の不可思議なる働き、という意で用いている。

・「相學」人相・家相・地相などを見、その人の性格や運勢などを判断する学問。ここでは主に人相学。

・「口達」「こうだつ」とも読む。口頭で伝達すること。言い渡すこと。また、その言葉。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 死相を見る能力は天然自然の心法である事

 

 また、かの尼は人相をよく見、元寿も相学を学んでおったによって、逢えばきっと、この相学についての話しとなるが常で御座った。

 そんな、ある日のこと、かの尼より、

――とある市井の老婦人の相を見、

「……おん身は心のままに、好きなものをお食べになり、心になさりたいと思われることのみ、なさいませ。……来年の、これこれの時節には、命終(みょうじゅう)をお迎えになられましょうほどに……」

と告げましたところ、果たして、その通りと相い成りました――

という話を聞かされた。

 元寿、これを聴くや、

「……相学にて人の生死(しょうじ)の時日(じじつ)を測ることの出来るとは、確かに相学書には、かくあれど……その法は、これ、如何なる書にも具さには書かれて御座らねば、容易には習得出来ざるものにて御座る。……にも拘わらず、御身は、如何にして、命終(みょうじゅう)の予兆を知ることが、これ、お出来になるので御座る?」

と、その奥義を承らんと、切に訊ねたところが、尼は、

「……いえ、これは自然に我が心に感ずるので御座いますれば……恐らくは、その折りの些末な心の内の閃きや、直ちに感じた面影を、これ、伝授口伝(くでん)致しましたところで、それは何の役にも立ちますまい。……いつの頃からやら、存じませぬが……自然、そのようなことの分かる『何か』が、我が心の……不遜ながら、我らの悟りのようなるものとして……在った、ので御座います。……されば、伝授しようにも、これ、伝授出ぬものにて、御座いますれば……」

と、その場は別れたと申す。

 その後も、度々、元寿が、かの尼の庵を訪ねたのも、これ実は、この相学の奥義を、何とかして訊かんがためで御座った、と元寿自身が語ったと申す。

 ……いや、やはり不思議なる尼も、御座ったものじゃ。

« 北條九代記 義經の妾白拍子靜 | トップページ | 一言芳談 七 »