フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介漢詩全集 二十四 | トップページ | 一言芳談 三十六 »

2012/12/18

耳嚢 巻之五 狐を助け鯉を得し事

 狐を助け鯉を得し事

 

 大久保淸左衞門といへる御番衆、豐嶋川附神谷といへる所の漁師を雇ひて網を打せけるが、甚(はなはだ)不獵にて晝過(すぎ)になれど魚を不得(えず)、酒抔呑(のみ)て居たりしに、野狐(やこ)一疋犬に追れけるや、一さんに駈來(かけきた)りて船の内へ飛入(とびいり)つくばひ居(をり)ける故、淸左衞門を始(はじめ)不獵にはあり、此狐を縛りて家土産(いへづと)に連(つれ)歸らんとひしめきしを、船頭漁師深く止めて、狐は稻を守る神のつかわしめ、何も科なきものを折檻なし給ふは無益也(なり)、迯(にが)し給へとて達(たつ)て乞ひける故、則(すなはち)其邊へ船を寄せ、放し遣しければ悦びて立去りしが、獵師さらば日も暮なんとす、一網打(うち)てみんと網を入れしに、三年ものとも云べき大きなる鯉を打得し由。是は彼狐の謝禮成(なる)べし、今一網打んと望ければ、彼(かの)獵師答へて、かゝる奇獵を得し時は再遍(さいへん)はせざるもの也、免(ゆる)し給へ迚(とて)其後は網をうたざりしと也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:一つ隔てて稲荷譚の打ち止め。

・「大久保淸左衞門」大久保淸右衞門忠寄(享保一五(一七三〇)年~?)の誤り。底本鈴木氏注に寛保二(一七四二)年に十三歳で相続、岩波長谷川氏注に『宝暦五年(一七五五)大番』とあるから、そう新しい話ではない。

・「豐嶋川附神谷」旧東京都北豊島郡に神谷(かにわ)村があった。現在の北区神谷町、王子神谷辺り。落語「王子の狐」で知られるように、直近の南方にある王子稲荷(北区岸町)の狐は昔から人を化かすことで有名であった。「附」は「つき」と読むか。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 狐を助けて鯉を得た事

 

 大久保清左衛門と申される御番衆(ごばんしゅう)、豊島川附神谷(としまがわつきかにわ)と申すところで川漁師を雇って、早朝より網を打たせて御座った。

 ところが、これ、全くの不漁にて、昼過ぎになっても一匹も釣果、これ、御座ない。

 自棄(やけ)になって酒なんどを煽(あお)っておったところが、野狐(のぎつね)が犬にでも追われたものか、一散に走り込んで来たかと思うと、彼らの舟の内に飛び込んで、船底に這い蹲っては、震えて御座った。

 これを見た清左衛門殿を始めとする御家来衆一同、不漁にてもあればこそ、

「――丁度よいわ。この狐を縛って家苞(いえづと)に連れ帰り、狐鍋にでも、致そうぞ。」

と盛んに囃して御座った。

 ところが、船頭と漁師は、神妙なる顔つきとなってそれを押し留め、

「……狐は稲を守る神の使いと申しまする。……何の罪もなきものを折檻なし給うは、これ、あまりに無益なること。……どうか一つ、我らに免じて、逃がしてやって下さりませ。……」

と口を揃えてのたっての望みなれば、そのまま近くの岸辺へ舟を寄せ、うち放してやると、かの狐は、ひどく嬉しげに走り去って御座ったと申す。

 さても、漁師、

「……されば、もう日も暮れましょうほどに、最後に一網打ってみましょうぞ。」

と網を入れたところが――

――これ、三年ものとも申すべき大きなる鯉――釣り上げて御座ったと申す。

「……これはこれは! さては、かの狐の謝礼ならん!……今一網、打ってみよ!」

と大久保殿が命じたところ、かの漁師、

「……かかる奇瑞(きずい)の漁を得た折りは……これ、二度とは、網打ち致さぬものにて御座れば……どうか、ここは、ご勘弁のほどを……」

と切に乞うた故、その後(のち)は、網を打たずに帰った、とのことで御座る。

« 芥川龍之介漢詩全集 二十四 | トップページ | 一言芳談 三十六 »