フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之五 堪忍工夫の事 | トップページ | 北條九代記 右大將賴朝卿薨去 / 【第一巻~了】 »

2012/12/10

鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 荒井閻魔/景政石塔/下若宮/裸地蔵/畠山石塔

   荒井闇魔

 濱ヨリ少シ北ニ堂アリ、運慶頓死シ、地獄ニテ直ニ間魔王ヲ見、蘇生シテ作タル像ナリ。倶生神・三途河ノ姥、同作也。今按ニ是浮屠ノ邪説ナルコト明ケシ。佛法本朝ニ入ラザル前ニ、死シテ再ビ生ル者アレドモ十王ヲ見タル者ナシ。欽明帝以後、蘇生ノ者或ハ十王ヲ見ズト云者多シ。是本其ナキコトヲ知べシ。誠ニ司馬温公ノ格言思ヒ合セ侍リヌ。運慶ガ見タルコトハ左モ有べシ乎。邪説ニ淫シテ居ルガ故也。其外破レタル古佛多シ。堂ノ内ニ圓應寺一額アリ。別當山伏寶藏院ト云。

[やぶちゃん注:光圀は少なくとも十王思想、いや、その口調からは地獄思想そのものを全く信じていなかったことが分かる。「高譲味道根之命(たかゆずるうましみちねのみこと)」という神号を持つ神道家だからね。]

 

   景政石塔

 由比濱ノ北ニ小ナル塔アリ。目疾ヲ患ル者、是ニ祈リテ驗アリト云。

[やぶちゃん注:未確認であるが、ネット上の情報では江戸時代の鎌倉絵地図には材木座辺りに「けいせいとう」(影政塔か)という名の石塔があったとある(現存しない)。その内、図書館で調べてみようと思う。]

 

   下 若 宮

 裸地藏ノ東南ノ濱ニアリ。悉ハ鶴岳ノ條ニ見へタリ。

[やぶちゃん注:由比の若宮であるが、「濱」とあり、当時、如何にこの辺りの海岸線が現在よりも後退(貫入)していたかが、よく分かる描写である。

「裸地藏」次項の現在の材木座一丁目にある延命寺のこと。

「悉ハ」は「委ハ」の誤りで「くはしくは」と読む。]

 

   裸 地 藏

 中ノ石ノ華表ノ東ニアリ。延命寺ト云。淨土宗安養院ノ末寺ナリ。立像ニテ雙六局ヲフマヘタリ。廚子ニ入、衣ヲ着セテアリ。參詣ノ人アレバ裸ニシテ拜マシムル也。常ノ地藏ニテ女體也。

 昔景明寺時賴、其婦人ト雙六ノ勝負ヲ爭ヒ、裸ニ成ン事ヲ賭ニシケリ。婦人負テ此地藏ヲ念ジケルニ、忽女體ト變ジ、局上ニ立ト也。吁浮屠ノ人ヲ欺ク、カヽル邪説ヲナセリ。此等ノ事ハ彼教ニモ有マジキ事也。無禮ノ甚キ禽獸ニ等キ者也。

[やぶちゃん注:「新編鎌倉志卷之七」の「延命寺」でも、『參詣の人に裸にして見するなり。常の地藏にて、女根(ニヨコン)を作り付たり。昔し平の時賴、其の婦人との雙六を爭ひ、互ひに裸にならんことを賭(カケモノ)にしけり。婦人負けて、地藏を念じけるに、忽ち女體に變じ局(バン)の上に立つと云傳ふ。是れ不禮不義の甚しき也。總そうじて佛菩薩の像を裸形に作る事は、佛制に於て絶へてなき事也とぞ。人をして恭敬の心を起こさしめん爲の佛を、何ぞ猥褻の體(テイ)に作るべけんや』と怒り捲くっていたのは、成程! 黄門さま自身が、憤激して許せなかったからなのね!]

 

   畠山石塔

 大鳥居ノ西ノ柱ノ側ニアリ。明德二年、比丘道友ト刻テアリ。文字分明ナラズ。畠山六郎ガ爲ニ後ニ立タルカ不審(イブカシ)。

 

[やぶちゃん注:この部分、日記であるために改行なく続くが、敢えて空行を挟んだ。]

 

鳥居ノ間ノ道ヲ、ビハ小路ダンカヅラト云也。遂ニ雪下へ入ル。八幡ノ西ノ出サキノ山、日金山ノ西ヲ冑(カブト)山ト云ナリ。薄暮ニシテ旅寓ニ歸リヌ。

« 耳嚢 巻之五 堪忍工夫の事 | トップページ | 北條九代記 右大將賴朝卿薨去 / 【第一巻~了】 »