フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 春の星銀座の上に空がある 畑耕一 | トップページ | 肩うつて春の霰のそれきりに 畑耕一 »

2012/12/02

鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 十二郷谷/胡桃谷/中谷/大御堂谷/歌橋/文覚屋敷/屏風山/畠山屋敷

   十二郷谷〔十二所村トモ云〕

淨妙寺ヨリ東南ノ谷、民家三軒今ニアリ。川越屋敷ト云ハ十二郷谷ノ東隣也。

[やぶちゃん注:「川越屋敷」河越重頼(?~文治元(一一八五)年)のことと思われる。武蔵国入間郡河越館の武将で新日吉社領河越荘の荘官。頼朝の命で義経に娘(郷御前)を嫁がせた事から源氏兄弟の対立に巻き込まれて誅殺された(事蹟はウィキの「河越重頼」に拠る)。但し、ここに彼の屋敷があったという事実を証明するものはない。]

 

   胡 桃 谷

十二郷谷ノ北向ヒノ西ナリ。

 

   中 谷〔今按ニ釋迦谷歟〕

名越口ノ切通ノ前ノ谷ヲ云。釋迦堂谷トモ云フ。雪下ヘ歸ル海道ヨリ名越口ヲ遙望ス。此ヨリ三浦へ出ル切通アリ。犬翔谷ノ西ノ谷ナリ。

 

   大御堂谷

 中谷ノ西隣也。阿彌陀山トモ云。今ハ畠ニテ七堂伽藍ノ礎石アリ。勝長壽院ノ舊跡也ト云。文覺弟子ノ僧開基ナリ。義朝ノ廟所、鎌田政淸ガ骨ヲモ葬ル。東鑑ニ、兵衞佐殿朝敵ヲ悉ク誅シ、亡父ノ追善ニ一宇ヲ建立セントテ、鎌倉中ノ勝地ヲ見、御所ノ南ノ山ノ麓ニ勝タル地形アリ。因テ元暦二年二月十九日、南堂ノ事、初潛ニ此事ヲ後白河法皇へ奏聞アリケバ、叡感ノ餘リニ、東ノ獄門ノアタリニ於テ、故左馬典厩ノ首ヲ尋ラレ、鎌田兵衞政淸ガ首ヲ相副へ、江判官公朝ヲ敕使トシテ、是ヲ被下(下さる)。政淸ガ首ハ南堂ノ地ニ葬リ、御堂勝長壽院ト號ス〔云云〕。

 闇齋遠遊紀行ニ、此地ニ實朝ヲモ葬ルト云リ。

[やぶちゃん注:「闇齋遠遊紀行」江戸前期の儒者で神道家の山崎闇斎(元和四(一六一九)年~天和二(一六八二)年)が明暦四・万治元(一六五八)年に著わした紀行文。]

 

   歌  橋

 金澤海道荏柄ノ馬場崎ノ少東也。

[やぶちゃん注:「崎」は「先」の誤りであろう。]

 

   文覺屋敷

 歌橋ノ西向ヒ、大御堂ノ西隣ナリ。其上ノ山ヲ小富士ト云也。杉森アリ。

 

   屏 風 山

 小富士ノ眉、文覺屋敷ヨリ南方寶戒寺ノ後ノ山ナリ。

 

   畠山屋敷

 雪下ノ入口ニアル小橋ヲ筋違橋ト云。其北ヲ畠山屋敷ト云。東鑑ニ、正治元年五月七日、南門畠山次郎ガ家ニ、醫師時長ヲ置ル。御所ノ近所タルニ因テ也。



以上、「鎌倉日記」(「德川光圀歴覽記」)の「乾」の巻の総てを終了した。

« 春の星銀座の上に空がある 畑耕一 | トップページ | 肩うつて春の霰のそれきりに 畑耕一 »