フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和三十二(一九五七)年 | トップページ | しなびた船 大手拓次 »

2013/02/23

耳嚢 巻之六 其才に誇るを誡の歌の事

 其才に誇るを誡の歌の事

 

 才力ある人は、人も尊崇し、公私の用にもたちてよろしけれど、自分(おのづと)其の才器に任せる故(ゆゑ)人も慴み、またさまでなきは、智才ある人、却(かへつ)て人の用ひもをとる事あり、世にあらん人は心得あるべき事と、或る老人に咄し合(あひ)けるに、彼(かの)老人の云へるは、さればとよ、それにつき思ひ出る事あり、後水尾院樣の御誡歌(ごかいか)の由、人の語りしとて噺しぬ、

  たれも見よをのがえならぬ花の香におりたやさるゝ野路の梅が枝

げにも尊き御教(おんおしへ)の御歌(ぎよか)と、爰に記し置(おき)ぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:二つ前の艶笑狂歌から、また、堂上狂歌へ連関。この後水尾院、本巻で先行する御製發句の事では発句さえものしており、なかなかの通人であらっしゃたようどすなあ……但し、恐残念ながら、この歌も先の発句同様、彼の御製ではない可能性が高い。

・「其才に誇るを誡の歌の事」「誡」は「いましむる」と訓じているか。岩波版では「いましむ」とルビを振る。

・「慴み」「慴」は「おそれる」「おびやかす」としか訓ずることが出来ず、意味もおかしい。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では「憎み」とあり、こちらならすんなり通ずる。現代語訳では「憎み」を採った。

・「後水尾院」御製發句の事に既注。

・「たれも見よをのがえならぬ花の香におりたやさるゝ野路の梅が枝」底本の鈴木氏注に以下の三村竹清氏の以下の注を引く。『この歌徹書記かと被存、右集外へかし置、穿鑿に間合兼申候、才智は人の仇なりといふ事を、『見よや人(おもへ人)をのがえならぬ花の香に折やつさるゝ野路梅が枝』このやうにそら覺申候、初五文字別して覚束なく、作者は猶さらにて候』とあるとするが、岩波版長谷川氏注には『正徹諸集に見えず』ともある。正徹(しょうてつ 永徳元(一三八一)年~長禄三(一四五九)年)は室町中期の臨済僧で歌人。

――誰も誰も、よう、見とうみ……己れの枝にはない……香しい野辺の梅が枝(え)の花は……これ……必ず折り採られて……絶やさるるもので……おます――

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 己れの才に誇るを誡む歌の事

 

……才智ある人は、他人からも尊崇され、公私の用にも、何かと役立つゆえ、一見、如何にもよろしゅうに見ゆるけれども――これ、自ずと勢い、その己れの才器に誇りがちとなるゆえに――結局は他人も内心にては憎み、また――憎まるるとまでは至らずとも――才智ある人という者、その、人より優れた才智のゆえにこそ――かえって人も物怖じ致いて、逆に採用致すに二の足を踏む――ということも御座る。こうした事実を世を渡らんとする才智ある御仁は、よう、心得ておかねばならぬ。……

といったことを、とある老人と談話致いて御座った折り、その老人の言うに、

「……そう言えば……それに就いて思い当ることが御座る。後水尾院さまの御誡(おんいまし)めの歌の由、人の語って御座った、ありがたき御製にて……」

とて、示された御詠歌、

  たれも見よをのがえならぬ花の香におりたやさるゝ野路の梅が枝

「……実に尊き御教(おんおし)えの御歌(ぎょか)で御座ろう。」

と申して御座ったによって、ここに記し置くことと致す。

« 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和三十二(一九五七)年 | トップページ | しなびた船 大手拓次 »