フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 鶴岡八幡宮 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和一二(一九三七)年 »

2013/02/10

耳嚢 巻之六 梅田枇杷麥といふ鄙言の事

 梅田枇杷麥といふ鄙言の事

 八十に及ぶ老翁の語りけるは、しれる老農、梅田枇杷麥(うめたびはむぎ)といふ事を申(まうし)ける故、何の事やと尋(たづね)ければ、梅實(うめのみ)能(よく)實(み)のる時は田作(たつくり)よろしく、豐饒(ぶねう)なり。枇杷の實よく結べば麥作よく出來るといひしが、數年其言に當(あて)て考ふるに違はざる由、右老翁の語りぬ。

□やぶちゃん注
○前項連関:「鄙言」は「ひげん」で、ここでは世俗の言い伝えであるから呪(まじな)いの同族で、二つ前の呪いシリーズと連関する。「梅田枇杷麦」は「日本国語大辞典」にもしっかり載る俗諺で(ただ、同辞典の引用例もこの話)、ここに示されたように、梅の実が良く稔る時は米が良く出来、枇杷の実が良く稔る時は麦が良く出来る、という農村の俚諺である。底本の鈴木氏注に、『梅米枇杷麦という所もある。中国でも、梅実少なければ秣亦少なしとか、樹に梅無く、手に杯無しなど、同様のことわざがある』と記しておられる。「秣」は「まぐさ」と読む。
・「豐饒」は「ふねう(ふにょう)」「ほうぜう(ほうじょう)」と読んでもよい。

■やぶちゃん現代語訳

 「梅田枇杷麦」という俚諺の事

 八十になんなんとする老翁が語ったことには、その者の知音(ちいん)の老農、
「梅田枇杷麦(うめたびわむぎ)――」
ということをしばしば申すゆえ、
「何のことじゃ?」
と訊いたところ、
「――梅の実のよう稔る時は、これ、田の出来が宜しく、豊饒(ぶにょう)――枇杷の実のよう結ぶ時は、これ、麦がよう出来る――ということじゃ。」
と答えた。

「……ここ数年の様子、その謂いに当てはめて、よう考えて見申したが、これ、その通りにて、間違い御座らんだわ。」
とは、これを語って御座った老翁の語りで御座る。

« 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 鶴岡八幡宮 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和一二(一九三七)年 »