フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 死なない蛸 (「宿命」版) | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第七章 本能と智力 序 »

2013/02/08

西東三鬼 拾遺(抄) 昭和十(一九三五)年

昭和十(一九三五)年

舗道の陽は遠退き卓の菊饐ゆる

朱蜻蛉浮きては風の色となる

花賣女聖誕祭(ノエル)をくらく常の處に

氷下魚釣る夜明けの海霧(ガス)は月孕み

刺靑(いれずみ)のマリとてひとり死にしのみ

失へるナイフや錆びん靑の朝

地球儀を辷る蛾の影靑の夜の

空にごる街あゆみつかれ今日五、一五

道につぶれわが干支の鼠今日五、一五

[やぶちゃん注:同年『京大俳句』六月号所載。「誕生日」の四句連作の三・四句目。三鬼は明治三三(一九〇〇)年五月一五日生まれであった。昭和七(一九三二)年の五・一五事件の時は、満三十二歳、この年は三十五歳であった。]

栗の花けぶらひけもの夢を見る

玻璃天井高しこだまがあざわらふ

手がそよぐ憑かれ狂へる無數の手

[やぶちゃん注:同年『京大俳句』八月号所載。「東京株式取引所」の五句連作の二・三句目。]

行間の虛空に白き蝶滿てり

まなぞこに映るは父ぞ吾子生きよ

[やぶちゃん注:同年『京大俳句』十一月号所載。「Ⅰ ひとり子病篤し」の四句連作の最終句。この「ひとり子」とは前年に堀田きく枝との間に生れた次男直樹と思われる。]

紙芝居草の黄ろき陽と去りぬ

子のゑがく柩車に黑き人坐せり

[やぶちゃん注:同年『京大俳句』十二月号所載。「子を見舞ふ」の六句連作の四句目。]

« 萩原朔太郎 死なない蛸 (「宿命」版) | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第七章 本能と智力 序 »