フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 江馬太郎泰時德政 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 戰中作品 中年や焚火育つる顏しかめ »

2013/02/13

西東三鬼 拾遺(抄) 昭和十五(一九四〇)年

昭和十五(一九四〇)年

ともすれば寒夜わが口唾を吐く

  獨樂

きちがひの少女なり獨樂廻り澄む

冬蓄薇きちがひの貌に向きひらく

冬の鏡にきちがひ少女のかくすところ

寒き窓きちがひ少女うしなはず

[やぶちゃん注:以上四句は同年『俳句研究』二月号。後の「現代俳句・第三巻」(昭和一五(一九四〇)年六月刊)の中の「西東三鬼集『空港』」に所収された。]

  鴉よ

鵠よ荒園の風ふたりにも吹く

突く女冬の大腸を足元に

冬園に突けり十箇の爪光る

枯園に一滴の涙光り落つ

[やぶちゃん注:以上四句、『俳句研究』二月号所収のもの。]

  牡蠣

空港なりライタア處女の手にともる

戀ふ寒し身は雪嶺の天に浮き

計算の零(ゼロ)るいるいと牡蠣の前

牡蠣に酢を喇叭隊來て消え行けば

牡蠣啜りをはり紙幣を數へゐる

[やぶちゃん注:以上五句は『天香』四月号所収のもの。]

  鯉

地下室の鯉黑し見つゝ憂き男女

女の前に戻し冬の胡瓜嚙む

處女の背に雪降り硝子夜となる

手を別つ寒き竝木は根の如し

寒夜明るし別れて少女馳け出だす

冬景をまつすぐに女風と來る

寒い橋を幾つ渡りしと數ふ

人と並び落暉北風身にひびく

別離の顏冬の落曙に向き背く

  夜間飛行

春のホテル夜間飛行に唇(くち)離る

空港に兄と花束夜明けくる

少女指せば晝月ありぬ春の終

中學生屋根に哄笑し春終る

初夏太陽點々道の鋲にある

[やぶちゃん注:以上十四句は昭和一五(一九四〇)年六月刊の「現代俳句・第三巻」の中の「西東三鬼集『空港』」に所収された昭和十五年分から。]

  五月の河

半身に五月烈しく河臭ふ

河暑し油と友の顏流る

河黑し暑き群集に友を見ず

暑き河に憤怒の唾を吐き又吐く

唾滴れ怒れる汗は黑き河に

[やぶちゃん注:以上五句は『天香』六・七月合併号所収。]

« 北條九代記 江馬太郎泰時德政 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 戰中作品 中年や焚火育つる顏しかめ »