フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 怪物 大手拓次 | トップページ | 淺草公園の夜 萩原朔太郎 »

2013/05/11

螢狩――愛人室生犀星に 萩原朔太郎

 螢狩

      ――愛人室生犀星に

 

醉つぱらつて街をあるけ、夜おそくあるけ、

ああ、窓の上には憔悴した螢が居る、汝の圓筒帽を捧げ光らせ、巷路にひろごり輝くところの菫を見よ、いとしい私の醉つぱらひの息子兄哥よ、

 

しんあいなる私の息子兄弟よ、生れない不具の息子よ、お前のダンスの纖細なそして優美な足どり、みろ、珈琲の美女をして絶息せしむるところのお前の汝の肉感的なそして詠嘆風な奇怪なダンスの足どり、靴の底を見たまへ、更に天井の蜂巣臘燭を見たまへ、汝は怖るべき殺 者だ、それ見ろ、貴樣は指は血だらけだ、

 

つつしんで故に浸禮聖號を捧ぐ、汝の名覺ある淫行のために、わが擬人の→をしての額に我れの螢を光らさしめよ、

淫行の長い沈默から月夜を恐れる。

螢だ、

螢だ、いちめんの靑い螢だ、

 

これが別れだ、息子兄哥よ、愛人よ、戀魚よ、おんみよ、遠くから私の疾患の靑い手を吸つて呉れ、手はしなへほろびてゆく、遠くにらじらうまちずむの墓場がある。光る、大理石の墓標だ、ああ、涙が凍る、なんといふ傷ましい別れだ、か細い指の先で、つぶされた螢が泣いて居るよ

 

 

[やぶちゃん注:底本第三巻「未發表詩篇」の「散文詩・詩的散文」に所収。取り消し線は抹消を示し、「→」の末梢部分は、ある語句の明らかな書き換えがともに末梢されたことを示す。太字「らうまちずむ」は底本では傍点「ヽ」。「臘燭」「名覺」はママ。底本校訂本文の方ではそれぞれ「蠟燭」「名譽」と改変されている。第二連終わりの方の「殺 者」の字空けもママ。これについても底本では、『著者が後で漢字を入れるために空けておいたものと思われるので、前後關係や著者の慣用を考え合わせて決定稿には「戮」を補った』と補注され(「前後關係や著者の慣用」の部分については次に掲げる「淺草公園の夜」を参照)、この部分も上の正式校訂本文の第二連は、 

 

しんあいなる私の兄弟よ、生れない不具の息子よ、お前のダンスがの纖細なそして優美な足どり、みろ、珈琲の美女をして絶息せしむるところの汝の肉感的なそして詠嘆風な奇怪なダンスの足どり、靴の底を見たまへ、更に天井の蜂巣蠟燭を見たまへ、汝は怖るべき殺戮者だ、それ見ろ、指は血だらけだ。 

 

と補正されてある(最後の読点の句点変更も編者による)。なお、底本にはもう一つの注が附されており、それによればこの詩篇の記載の後に『「習作集第九卷」の「おもひで」の草稿「菊」と、銀杏の實のデッサンが同一用紙に續けて記されている』とある。以下に底本同巻の『草稿詩篇「習作集第八卷・第九卷」』から当該詩を示しておく。記号は上に準ずる。 

 

 おもひで

 

  菊 

 

うすらひに

魚(いさな)さやぎ

まつの葉に

こなゆきのふ

冬のはつしも

あさのしらじら

あさのひびき 

 

試みに抹消部分を除去すると、 

 

 おもひで 

 

  菊 

 

うすらひに

魚(いさな)さやぎ

まつの葉に

ゆきのふる

はつしも 

 

となる(抹消除去詩形は底本には載らない)。]

 

« 怪物 大手拓次 | トップページ | 淺草公園の夜 萩原朔太郎 »