フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« (「ソライロノハナ」の「若きウエルテルの煩ひ」序詩) 萩原朔太郎 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 2 »

2013/05/15

耳嚢 巻之七 漬物に聊手法有事

 漬物に聊手法有事

 

 奈良漬を漬(つけ)るに、瓜を貮つに割(わり)、中に種を拔(ぬき)、鹽を詰(つめ)を下とし、上に酒糟を厚く塗詰(ぬりつめ)て、糟を下に置(おき)、右上へ瓜をうつ向(むけ)に伏せ、又糟を詰て順々に詰る事也。心得ぬ人、右糟鹽を詰し瓜を仰向(あふむけ)に漬掛(つけかけ)、功者成(なる)者見て大(おほひ)に笑(わらひ)ぬ。其譯を尋(たづね)しに、糟の氣は上へ上へと拔(ぬけ)るもの故、うつ向(むけ)にして可(か)也(なり)。又味噌漬は是に反する事と也と人の語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。食には秘かに一家言あったと思しい根岸の食味譚の一つ。

・「奈良漬」白瓜・胡瓜・西瓜・生姜などの野菜を塩漬けにし、何度も新しい酒粕に漬け替えながら製する漬物。以下、参照したウィキの「奈良漬け」によれば、奈良漬けは西暦七百年代から『「かす漬け」という名で存在しており、平城京の跡地で発掘された長屋王木簡にも「粕漬瓜」と記された納品伝票らしきものがある。なお、当時の酒といえばどぶろくを指していたため、粕とは搾り粕ではなくその容器の底に溜まる沈殿物のことであったようである。また、当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある』。『その後、奈良漬けは江戸時代に入ると幕府への献上や奈良を訪れる旅人によって普及し、庶民に愛されるようになる。「奈良漬け」へ変わったのは、奈良の漢方医糸屋宗仙が、慶長年間』(一五九六年 ~一六一五年)『に名付けたからである。現在では一般名詞化し、奈良県以外で製造したものも奈良漬けと呼ばれる。奈良県以外では、灘五郷(兵庫県神戸市灘区)などの酒粕を用いた甲南漬、名古屋市周辺で収穫される守口大根を用いた守口漬などもある』。『鰻の蒲焼きに奈良漬けの組み合わせは定番となっている。鰻を食べた後に口に残る脂っこさを奈良漬けが拭い去り、口をさっぱりとさせる効果があ』り、他にも『胃の働きを活発にし胸焼けを抑えたり、脂肪の分解、ビタミンやミネラルの吸収を助けるなどの効果があるとされている』とある。

・「鹽を詰を下とし、上に酒糟を厚く塗詰て」この部分、岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では、『塩を詰(つめ)候上酒糟(さけかす)を厚塗(あつくぬり)つめて』となっている。こうでないと文意が摑めない。これで訳した。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 漬物にも聊かの手法がこれあるという事

 

 奈良漬けを漬ける際には、瓜を二つに割り、中の種を抜き、塩を詰めた上、その上に酒糟を厚く塗り重ねて、樽の底に糟をまんべんなく敷き詰め、その上へ、瓜を――切った方を下に――俯(うつぶ)せに伏し、またその上から糟を詰めて、これを繰り返して、順々に詰めるのだそうである。

 それを知らぬある者が、その糟塩を詰めた瓜を――切った方を上にして――仰向(あおむ)けに漬けかけたところ、奈良漬の名人なる者がそれを見て、大いに笑った。

 笑った訳を訊ねたところが、

「酒糟の気は上へ上へと抜けるもので御座るのじゃ。さればこそ、俯けにして詰めるがよろしいのじゃて。但し、味噌漬けの場合は、この逆じゃが、の。」――

 これは、さる人の語って御座った話である。

« (「ソライロノハナ」の「若きウエルテルの煩ひ」序詩) 萩原朔太郎 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 2 »