フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 指さきに吸ひつく魚のこゝろよりつめたく秋は流れそめたり 萩原朔太郎 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 39 浪の上(へ)に咲(ゑみ)を含みし顏(かん)ばせを想像(おもひや)るにも袖はぬれけり »

2013/06/20

耳嚢 巻之七 銕物の疵妙藥の事

 銕物の疵妙藥の事

 針釘の類踏(ふみ)たて怪我なしたる妙藥夫々有(ある)事を、同寮にて咄し合(あひ)しに、右の藥はかまきりを押(おし)潰し付(つく)れば、殘れる銕氣(かなけ)を呼出(よびいだ)し奇々妙々快(こころよき)よし。かま切を干置(ほしおき)て貯へ、付てよし。又は黑燒にいたし置、付(つく)べしと也。

□やぶちゃん注
○前項連関:特になし。民間療法シリーズ。所謂、破傷風などを重篤な症状を視野に入れたものであろうが、カマキリでは……。なお、本話は短いながら、岩波のカリフォルニア大学バークレー校版とちょっと叙述が異なる。以下に全文を正字化、読みを歴史的仮名遣に代えてして示しておく。「なまなれば猶奇功有よし」などは文脈上はこちらよりしっくりくるのである。

     銕物(かなもの)の疵(きず)妙藥の事
 針または釘を踏(ふみ)たて怪我なしたる妙藥、まゝある事を、同寮(どうりやう)にて咄合(はなしあひ)し。右の藥はかまきりを押潰(おしつぶ)しつくれば、殘れる銕氣(かなけ)を吸出し奇妙に快(こころよき)よし。かまきりを干置(ほしおき)貯へ、付(つけ)てよし。なまなれば猶(なほ)奇功有(ある)よし。或る人の語りぬ。

・「銕物」は「かなもの」と読む。金物。
・「同寮」底本では右に『(同僚)』と傍注する。

■やぶちゃん現代語訳

 金物(かなもの)の傷の妙薬の事

 針・釘の類を踏み抜いて怪我を致いた場合の妙薬は、これ、さまざまにあるということを、同僚らと話し合って御座った折り、その際の藥としては、生きた蟷螂(かまきり)を押し潰して傷口に塗付すれば、創内(きずうち)に残った金気(かなっけ)を自然に吸い出して外へ出だし、奇妙絶妙に快癒する由。蟷螂を干し置いて貯えたものを、塗ってもよく、また、蟷螂を黒焼きにして貯えおいたものをつけてもよいとのことであった。

« 指さきに吸ひつく魚のこゝろよりつめたく秋は流れそめたり 萩原朔太郎 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 39 浪の上(へ)に咲(ゑみ)を含みし顏(かん)ばせを想像(おもひや)るにも袖はぬれけり »