フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 11 名所古蹟 序 | トップページ | ホテル之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) »

2013/06/05

耳嚢 巻之七 打身くじきの妙藥の事

 打身くじきの妙藥の事

 

 櫻の葉を摺りて燒酎にてねり痛(いたむ)所へ塗(ぬり)、能(よく)かはかし、又乾けば又ぬるに、忽(たちまち)に快驗をする事也。栗原翁しれる者、荷をかつぎ薪の間(あひだへ)倒れ、惣身を打候哉(や)存外なやみける也。田舍より來ぬる老人、夫(それ)はかくかくなせば宜敷(よろしき)とて即座に其效を現はせしと語りぬ。櫻の葉なき時は皮を粉にして用(もちゐ)る也と言(いふ)。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:特になし。民間療法シリーズ。本文には「櫻の葉」が出、後に「皮」でもよいとあるが、皮は古来、「桜皮(おうひ)」と呼ばれて漢方薬として用いられてきた。漢方系サイトの記載によれば、六~七月頃にサクラの樹皮を剝したものを乾燥したり、日干しにして生薬として市販されているとある。「桜皮」にはタンニンやサクラニン(Sakuranin:フラボノイドの一種。)が含まれており、腫れ物・蕁麻疹・水虫・二日酔・皮膚病・肩こりなどに効果があるとある。特に湿疹では患部に塗ると効果があるとあり、本記載とは異なり、多くは皮膚疾患の効能を謳っている。

・「又乾けば又ぬるに」病態と効果から考えて、重ね塗りではなく、乾燥して剥離したら、の謂いであろう。

・「栗原翁」このところ御用達の「卷之四」の「疱瘡神狆に恐れし事」の条に『軍書を讀て世の中を咄し歩行ありく栗原幸十郎と言る浪人』とある栗原幸十郎と同一人物であろう。根岸のネットワークの中でもアクテイヴな情報屋で、既に何度も登場している。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 打身・挫きの妙薬の事

 

 桜の葉を摺(す)って焼酎を用いて練り、痛む箇所へ塗って、よく乾燥させ、それが十分に乾いて剥離したら、再び、同じ箇所に塗る。すると、即座に快癒するということで御座る。

 例の栗原翁――彼の知人の者、荷を担いだままに積み置かれた薪の山の中へ倒れ込んで、全身をしたたか打ったとかで、殊の外、痛みを訴えて御座ったところ、さる田舍より出でて御座った老人が、

「それは、桜の葉を以ってかくなさば、よろしゅう御座る。」

と申したによって、言われた通りになしたところが、即座にその効果が現われた――と語って御座った。

 時節柄、桜の葉が散ってなき時には、桜の樹皮を剝して粉とし、処方致いてもよい、とのことで御座る。

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 11 名所古蹟 序 | トップページ | ホテル之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) »