フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 34 秘蹟陸続 | トップページ | エルンスト・フックス夢 »

2013/06/03

明恵上人夢記 18

18

一、同、中納言の阿闍梨、歡喜之相を含みて共に歡樂すと云々。

 

[やぶちゃん注:「同」は「17」に続くこと、「19」に「同十四日」とあることから、「17」に次いで、元久二(一二〇五)年の十月十一日に見た二番目の夢か、若しくは十二日か十三日の何れかの日を失念したものかと思われる。「17」に次いで同日中に見たとすれば、その関連性が考察される必要はあろう。私は書き方からみて、二番目と採る。

「中納言の阿闍梨」不詳。明恵も顔を出す中里介山の「法然行伝」に「中納言阿闍梨尋玄(じんげん)」なる人物が登場する。これは「法然上人行状画図」の第八巻に(引用は浄土宗林宗院公式サイトの「経蔵」にある「法然上人行状画図」から恣意的に正字化して引用させて戴いた)、

上人元久二年正月一日より、靈山寺にして、三十七日の別時念佛をはじめ給ふに、燈なくして光明あり、第五夜にいたりて、行道するに、勢至菩薩、おなじく列にたちて、行道し給ひけり。法蓮房夢の如くに、これを拜す。上人に、このよしを申に、さる事侍らんと答給。餘人はさらに拜せず。

同年四月五日、上人月輪殿に、まいり給て、數尅御法談ありけり。退出のとき、禪閤庭上にくづれおりさせ給て、上人を禮拜し、御ひたひを、地につけて、やゝひさしくありて、おきさせ給へり。御涙にむせびて、仰られていはく、上人地をはなれて、虚空に蓮花をふみ、うしろに頭光現じて、出給つるをば見ずやと。右京權大夫入道(法名戒心)中納言阿闍梨尋玄(號本蓮房)二人御前に候ひける。みな見たてまつらざるよしを申。池の橋をわたり給ひけるほどに、頭光現じけるによりて、かの橋をば頭光の橋とぞ、申ける。もとより、御歸依ふかゝりけるにこの後は、いよいよ佛のごとくにぞ、うやまひたてまつられける。

とあるのに基づくものであろう。まさに元久二年、この人物と見て間違いあるまい。但し、当該人物が如何なる御仁かは調べ得なかった。識者の御教授を乞うものである。]

 

■やぶちゃん現代語訳

 

18

一、同十一日、続けて見た二つ目の夢。

「中納言の阿闍梨様が、如何にも歓喜満面という御尊顔で、この私と楽しそうに談笑なさっておられる。……」

« 栂尾明恵上人伝記 34 秘蹟陸続 | トップページ | エルンスト・フックス夢 »